CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Google、Artifact RegistryでのNode.js・Python・Javaリポジトリのサポートをプレビュー提供

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/06/10 10:00

 米Googleは、ビルドアーティファクトを保存、管理、保護する「Artifact Registry」における、Node.js、Python、Javaリポジトリサポートのプレビュー提供を、6月8日(現地時間)に開始した。

 Artifact Registryにおける新たなリポジトリ形式のサポートによって、すべてのアーティファクトを合理化して、一貫したビューを取得可能となる。

 また、新たなリポジトリ形式を含むArtifact Registryを、Google Cloudのビルドおよびランタイムサービス、既存のビルドシステムと統合できる。おもなユースケースとしては、Google Kubernetes Engine (GKE)、Cloud Run、Compute Engine、その他のランタイムサービスへのデプロイ、OCIイメージの自動脆弱性スキャンが可能なCloud BuildによるCI/CDなどが想定されている。

 さらに、Artifact Registryを使用することで、コンテナイメージの脆弱性スキャンや、セキュリティ境界によるリポジトリ保護(VPC-SCサポート)、Cloud IAMを使用したリポジトリレベルでのアクセス制御、デフォルトのGoogle管理による暗号化に代わる顧客管理の暗号鍵(CMEK)の使用、Cloud Audit Loggingによるリポジトリ使用状況の追跡および確認などが可能になる。

 ほかにも、Artifact Registryのリージョンサポートによって、デプロイが行われるリージョンでアーティファクトを管理およびホストできるようになり、レイテンシとコスト削減が実現する。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5