CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

コンテナ・サーバーレス向けフルマネージドアプリケーションデリバリサービス「AWS Proton」が一般提供開始

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/06/11 12:00

 米Amazon Web ServicesとAmazon.comは、最新のコンテナおよびサーバレスアプリケーションの基盤となるマイクロサービスを簡単にプロビジョニング、デプロイ、監視できるようにするアプリケーションデリバリサービス「AWS Proton」の一般提供を、6月9日(現地時間)に開始した。

 AWS Protonは、コンテナやサーバレスといったコンピューティングの単位が動的な場合に、プラットフォームチームが開発者にアプリケーションをプロビジョニング、デプロイ、監視する簡単な方法を提供可能なアプリケーションデリバリサービス。

 AWS Protonでは、アプリケーションコンポーネントをスタックとして定義することで、コンピューティング、ネットワーキング、コードパイプライン、セキュリティ、モニタリングなど、アプリケーションのプロビジョニング、デプロイ、監視に必要なものをすべて作成する。

 AWSのベストプラクティス(セキュリティ、アーキテクチャ、ツール)が組み込まれた、精選されたアプリケーションスタックが含まれるため、インフラストラクチャチームは開発チームへの迅速なスタックの配布が可能になる。また、インフラストラクチャチームは、スタックを簡単に作成してAWS Protonコンソールに公開できる。

 開発者は、コードをデプロイする準備が整ったら、ユースケースに最適なスタックを選択し、アプリケーションのパラメーターを入力することで、デプロイを行える。

 リクエストされたAWSサービスのプロビジョニング、CI/CDパイプラインを介したコードのプッシュ、モニタリングとアラームの設定、コードのコンパイル、テスト、デプロイといった、アプリケーションのデプロイに必要なすべての処理が可能になっている。

 AWS Protonは、現時点で米国東部(バージニア北部、オハイオ)、米国西部(オレゴン)、ヨーロッパ(アイルランド)、アジアパシフィック(東京)で利用できるほか、近日中に他のリージョンも追加される。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5