CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

AWS、医療関連データの取り扱いに対応した「Amazon HealthLake」を一般提供

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/07/19 09:00

 米Amazon Web Servicesは、開発者イベント「AWS re:Invent 2020」にてプレビューを行った、フルマネージドのHIPAA適合サービス「Amazon HealthLake」の一般提供を7月15日(現地時間)に開始した。

 Amazon HealthLakeは、フルマネージドのAWSインフラストラクチャ上で提供されるため、機器の調達やプロビジョニング、管理の必要がなく、新たなデータストアを作成するだけで、医療関連データの作成、読み取り、更新、削除、クエリが可能になる。また、REST APIを利用した、ビジネスアプリケーションとの統合をサポートしている。

 保存されているデータは、AWS Key Management Service(KMS)によって暗号化されており、転送中のデータはエンドツーエンドでのTLS 1.2暗号化で保護される。

 現時点では、臨床ノート、ラボレポート、保険金請求といった構造化テキストデータと非構造化テキストデータの両方をサポートしており、これらのデータの保存形式には、医療関連データを交換するために設計された標準形式であるFast Healthcare Interoperability Resource(FHIR)を採用する。

 なお、Amazon HealthLakeはFHIRの最新リビジョン(R4)と互換性があり、71のFHIRリソースタイプをサポートしている。

 アップロードされたデータは、自然言語処理によってエンティティが抽出され、対応するメタデータが保存される。エンティティには、解剖学、病状、投薬、保護された健康情報、検査、治療、手順が含まれ、ICD-10-CMおよびRxNormエンティティとも一致する。

 Amazon HealthLakeは、米国東部(バージニア北部、オハイオ)、米国西部(オレゴン)の各AWSリージョンにて利用できる。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5