CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

ローコード開発プラットフォーム「Claris FileMaker」とメーター読み取りサービス「hakaru.ai byGMO」が連携、製造業の点検業務を効率化

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021/08/03 10:00

 Claris International Inc.は、同社が提供するローコード開発総合プラットフォーム「Claris FileMaker」と、GMOグローバルサイン・ホールディングスが提供するAIが画像を認識してメーター値を読み取るサービス「hakaru.aiハカルエーアイ byGMO」を連携させ、製造業における検査業務のメーター点検の効率化を実現したことを、8月2日に発表した。

 「Claris FileMaker」は、プログラミングの知識がなくてもあらゆる業務で自社の課題を解決するカスタムAppを作成・展開することができる、ローコード開発プラットフォーム。

 「hakaru.ai byGMO」は、製造業やビルメンテナンス業界におけるメーター点検現場の目視・手書きによる誤検針の防止や、データ転記による作業負荷の軽減を実現するメーター読み取りサービス。昨今、「hakaru.ai byGMO」のようなメーター読み取りサービスが注目されているものの、製造業では点検値の記録に対して複雑な要件も多く、導入するにはカスタマイズが必要となる。

 ノンカスタムのSaaSである「hakaru.ai byGMO」単体では対応することが難しいため、今回「Claris FileMaker」とAPI連携し、お客さまの現場に合わせた点検記録を行えるカスタムAppを提供することで、製造業の現場のDX・課題解決への取り組みを実現した。また本連携により、神戸製鋼グループ内外の検査業務を担うコベルコ科研にて初めて採用された。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5