CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

JavaScriptフレームワークEmber 4.xでも@typesの型定義が利用可能に

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2022/01/27 13:00

 オープンソースのJavaScriptフレームワークであるEmber.jsの開発チームは、DefinitelyTypedのメンテナンスによる@types型定義パッケージが、Ember 4.x系列を完全にサポートしたことを、1月25日(現地時間)に発表した。

 Ember 4.xが@types型定義をサポートすることで、バージョン3.xサイクル中に非推奨になり、「Ember 4.0.0」で削除されたすべてのAPI(バージョン2.xサイクル中で非推奨となりバージョン3.0で削除されたもの、バージョン1.xサイクル中に非推奨となりバージョン2.0で削除されたものも含む)が型から削除されている。また、パブリックAPIのみに型を提供するというポリシーに沿って、プライベートAPIの多くの型が削除された。

 さらに、最新のTypeScript以降をサポートするという、Ember.jsにおけるTypeScriptのサポートポリシーに従って、「TypeScript 4.4」以降がサポートされている。

 今回の型定義のサポートは、JavaScriptユーザーにとっても、より優れたオートコンプリートやドキュメントが利用でき、Ember v4 APIが正しく反映されるというメリットがある。

 そのほか、コンパイラオプションで"strict": trueが使用されるようになっており、内部的に型の扱いがより厳密になるため、型の安全性に関するエラーが発生する場合も考えられる。ほかにも、従来はany型が使われていた場所がunknownに置き換えられるなど、さまざまな機能追加・改善が行われている。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5