CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

あのビデオ会議ツール「Zoom」がAPIとSDKを提供!Zoom Developer Programとは何か【デブサミ2022】

【17-B-7】Zoom Developer Platformで実現するビデオコミュニケーション改革

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2022/03/30 12:00

 コロナ禍もあって一気に進んだ映像コミュニケーションは、テキスト、音声に次ぐ第3のコミュニケーション手法としてしっかり市場に根付いた。そんな中、自社のサービスでも映像コミュニケーションを活用したいという動きが増えてきた。そのようなニーズを持つ企業には、Zoom Developer Programをお勧めしたい。これはZoomが提供する高品位の映像サービスを容易に自社サービスに組み込めるものだ。デブサミ2022では、本Programの概要と各種の事例、そして如何に導入が容易かを示すデモが紹介された。

目次
左上:ZVC Japan株式会社 ISVビジネスディベロップメントマネージャー 佐野健氏、右下:ソリューションエンジニア 澤村陽介氏
左上:ZVC Japan株式会社 ISVビジネスディベロップメントマネージャー 佐野健氏
右下:ソリューションエンジニア 澤村陽介氏

Zoomはキラーアプリケーションからキラープラットフォームへ

 コロナ禍以前、映像を含むオンライン会議は技術的には可能でも、慣れていないこともあり一般的な手段とは言えなかった。しかし状況は一転し、ビデオ会議は常識となったことは誰もが知るところだろう。

 そこで、映像コミュニケーションのメリットを自社サービスに積極的に取り込んで、より顧客とのエンゲージメントを深めようという動きが出てきている。Zoomを提供しているZVC JAPAN株式会社(以下、Zoom)では、このようなニーズの高まりに応えるべく、デバイスが用意されたスペースで複数が同時参加できるビデオ会議システムのZoom Rooms、Zoomの機能を電話向けにしたZoom Phone、双方向オンラインイベント向けの Video Webinars や、Zoom Eventsなどのソリューションを提供している。

 今回のデブサミでは、Zoomを自社サービスと連携したり、Zoomの映像コミュニケーション機能を自社向けにアレンジして活用したりできるZoom Developer Platformの紹介が行われた。ZVC Japan株式会社 ISVビジネスディベロップメントマネージャー 佐野健氏は「Zoomは今、キラーアプリケーションからキラープラットフォームという形で進化を遂げております」と強調し、Zoomのより広い活用をアピールした。

 Zoom Developer Platformは、Zoomがアプリケーションやサービスなどの開発者向けに用意したものだ。同社ソリューションエンジニア 澤村陽介氏は「Zoom MeetingやZoom Webinarで使える、Webポータルでの会議設定やユーザー情報の設定といった部分、さらにスマートフォンやPC向けのZoom Clientソフトウェアといったサービスを、Zoom Developer PlatformではAPI化もしくはSDK化して提供します」と説明した。つまりZoomの既存機能をAPIやSDKで提供し、高品質映像サービスを自社向けに組み込めるのだ。

Zoom Developer Platformのアーキテクチャー。APIとSDKを複数パターンで提供する
Zoom Developer Platformのアーキテクチャー。APIとSDKを複数パターンで提供する

 澤村氏は、Zoom Developer PlatformでのAPIとSDKの提供は、機能別にZoom API、Meeting SDK、Video SDKの3種に分けられるとして、それぞれの概要を紹介した。

 Zoom APIは、Zoomリソースへ容易にアクセスすることができるもので、サーバーサイドでの利用を想定している。APIはRESTアーキテクチャに基づいており、利用する場合は認証トークンをヘッダーに含めてHTTPSにてアクセスする。講演では、APIからリクエストすることで、ユーザー一覧の取得、個々のユーザーのミーティングIDやウェビナーIDの生成を行うデモンストレーションが披露された。この手法を使えば、スケジュールソフトで会議を設定すると、同ソフト上からZoomによるWeb会議の手配も同時に行えるなどの連携が可能だ。このリクエスト作成は、デモの説明を含め数分で行えるなど手順の容易さもうかがえた。

 Zoom APIは、他のソフトとZoomの連携を可能にするが、映像コミュニケーションはZoomそのものを利用する。対してMeeting SDKは、Zoom MeetingやZoom Webinarの映像コミュニケーション機能を自社のソリューションに組み込むことができる。つまり自社ソリューションからユーザーを離さずに、Zoomによる映像機能を利用できる。このときUI、UXは通常のZoomのものを使えるので、Zoomに慣れているユーザーなら説明なしで利用できる。

 Meeting SDKは、Zoomの機能コンポーネントをパッケージ化して提供するもので、同社のDeveloper Platform用のサイトからサンプルコードを含めてダウンロードできる。こちらもデモが行われ、サンプルコードを基本に簡単な操作で、WebページにZoomの映像表示/操作画面が埋め込まれた。このZoom画面は大中小の大きさが選べたり、インラインに埋め込んだりできるといった柔軟さを持っている。

 また本Meeting SDKは、ブラウザ以外、iOS、Android、Windows、macOSにも対応しているので、既存のサードパーティー製のアプリケーションにZoomの機能を組み込むこともできる。澤村氏は「開発担当の方がデザインすることなく、ZoomのUI、UXを活用できるのもメリットのひとつ」と付け加えた。

 3番目のVideo SDKは、Meeting SDK以上にZoomを自由に自社ソリューションに実装できるもの。Zoomの映像、音声、画面共有、チャットといった機能のコンポーネントがパッケージ化して提供される。このため通常のZoomのUI、UXは含んでおらず、開発者はZoomのUI、UXに縛られずに、自社がもっとも良いとするUI、UXを目指せる。Video SDKもMeeting SDK同様、専用サイトから必要なSDKをダウンロードして利用する。

 デモではWeb Video SDKを使って、オリジナルの映像Webサービスの作成方法が紹介された。本サービスを別途Android端末向けにも搭載し、パソコンとAndroidによる映像会議が実演された。こちらもSDKをダウンロードして、サンプルコードを元にサービスを作成したが、Meeting SDK同様数分で実施できた。なおVideo SDKはMeeting SDKと違って、iOS、Android、Windows、macOSで映像のRawデータを利用できる。Rawデータなら、映像にアニメーションを合成するといった加工も可能なので、新たな映像表現を加えることができる。

 SDKのダウンロード、関連ドキュメントの参照など、開発に関する情報は全て同社のデベロッパー向けサイトに掲載されている。SDKの機能、実装状況、サンプルコードなどの詳細な情報もあるので、澤村氏は試用を促した。


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー

連載:Developers Summit 2022 レポート

もっと読む

著者プロフィール

  • 森 英信(モリ ヒデノブ)

    就職情報誌やMac雑誌の編集業務、モバイルコンテンツ制作会社勤務を経て、2005年に編集プロダクション業務やWebシステム開発事業を展開する会社・アンジーを創業。編集プロダクション業務においては、IT・HR関連の事例取材に加え、英語での海外スタートアップ取材などを手がける。独自開発のAI文字起こし・...

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5