CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Google、すべてのワークロードにおけるデータの制限を解放する、さまざまな機能を発表

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2022/04/08 11:00

 米Googleは、データレイクとウェアハウスを統合することでデータ制限を取り除く、データレイクストレージエンジン「BigLake」のプレビュー版を、4月6日(現地時間)に発表した。

 BigLakeでは、Google Cloudが提供するAPIインターフェース、Parquetなどオープンファイル形式、Apache Sparkといったオープンソース処理エンジンによって、きめ細かいアクセス制御が利用可能になり、ソースからデータを複製または移動する必要がなくなるため、コストや非効率さを削減できる。

 あわせて、Spannerの変更ストリームも発表されており、Spannerの挿入、更新、削除をリアルタイムに追跡して、Spannerデータベース全体にリアルタイムで変更をストリーミングすることで、常に最新のデータにアクセスすることが可能になり、リアルタイム分析のためにSpannerからBigQueryへ変更を複製したり、Pub/Subを使用してダウンストリームアプリケーションの動作をトリガーしたり、コンプライアンスのために変更をGoogle Cloud Storage(GCS)に保存したりできるようになる。

 さらに、AIモデルの生産をより迅速に行い、メンテナンスをさらに容易にする、Vertex AI WorkbenchとVertex AI Model Registryを使用したMLOps機能も発表されたほか、Looker Explore、Googleスプレッドシート、またはドラッグ&ドロップ可能なData Studioインターフェースなど、さまざまな方法によるデータの操作を可能にするConnected Sheets for Lookerがリリースされ、Data Studio内のLookerデータモデルにアクセス可能になった。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5