CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

ユニファイドプラットフォーム「YugabyteDB 2.15」が一般提供

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2022/06/30 08:00

 米Yugabyteは、ビジネスに不可欠なすべてのトランザクションアプリケーションを容易に実行するためのユニファイドプラットフォームである「YugabyteDB 2.15」を、6月28日に一般提供するとともに、新たなクラウドデータベース移行サービス「YugabyteDB Voyager」を同日に発表した。

 「YugabyteDB 2.15」は、動的なワークロードの最適化を提供し、企業が予測可能なパフォーマンスによる単一のユニファイド・データベース上で、異なる複数のアプリケーションワークロードを容易に実行できる。

 なお、「YugabyteDB 2.15」は動的なワークロード最適化によって、既存および新規の幅広いトランザクションワークロードをカバーすることが可能であり、開発者の生産性向上によって、アプリケーションの構築や既存アプリケーションの分散SQLデータベースへの移植を効率化する。また、パフォーマンス・アドバイザーが新しくビルトインされ、パフォーマンス分析および適切なリコメンデーションを提供し、データロード性能の最大20倍高速化を達成することが可能になる。

 YugabyteDB Voyagerは、レガシーなオンプレミスまたはクラウドデータベースから、YugabyteDBが提供する分散マルチクラウドデータファブリックに重要なデータを容易に移行するための、強力な移行エンジンを提供する。同エンジンは、クラスタの準備からスキーマおよびデータの移行まで、データベース移行のライフサイクル全体を管理することで、企業による分散クラウド・ネイティブ環境への移行を最適化できるよう支援する。

関連リンク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5