SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

翔泳社 新刊紹介(PR)

機械学習システムの課題をデザインパターンで解消、『現場で使える!機械学習システム構築実践ガイド』発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 機械学習システムの構築において、先人の知恵とも言えるデザインパターンを活用するとより効率的に構築が可能になります。そのノウハウがまとめられた書籍『現場で使える!機械学習システム構築実践ガイド デザインパターンを利用した最適な設計・構築・運用手法』が、11月14日(月)にCodeZineを運営する翔泳社から発売となりました。

 本書では機械学習システムを構築する際に発生する課題を想定し、デザインパターンを用いて解決するノウハウが解説されています。

 システムの例として需要予測システムと違反検知システム、さらに検索システムを作りながら、課題設定、ワークフロー設計、システム開発、チーム設計におけるデザインパターンの使い方やポイントを説明。どうすれば機械学習システムの最適な構築と運用ができるのか、ポイントを押さえて学ぶことができます。

 著者は前著『AIエンジニアのための機械学習システムデザインパターン』が好評だった澁井雄介さんです。

 機械学習を利用したプロダクトやサービスに携わるエンジニアなら、ぜひ本書でスキルアップを目指してみてはいかがでしょうか。

目次

第1章 課題、チーム、システム
第2章 需要予測システムを作る
第3章 動物画像アプリで違反検知システムを作る
第4章 動物画像アプリの検索に機械学習を活用する

現場で使える!機械学習システム構築実践ガイド デザインパターンを利用した最適な設計・構築・運用手法

Amazon  SEshop  その他

 
現場で使える!機械学習システム構築実践ガイド
デザインパターンを利用した最適な設計・構築・運用手法

著者:澁井雄介
発売日:2022年11月14日(月)
定価:3,740円(本体3,400円+税10%)

本書について

機械学習システムを構築する上で実際に発生する課題を想定し、動いているシステムやワークフローに機械学習を組み込む方法を解説した書籍です。特にニーズの高い需要予測システムと違反検知システム、検索システムの例を用意しています。

この記事は参考になりましたか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
翔泳社 新刊紹介連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

渡部 拓也(ワタナベ タクヤ)

 翔泳社マーケティング課。MarkeZine、CodeZine、EnterpriseZine、Biz/Zine、ほかにて翔泳社の本の紹介記事や著者インタビュー、たまにそれ以外も執筆しています。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
CodeZine(コードジン)
https://codezine.jp/article/detail/16683 2022/11/14 07:00

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング