SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

CodeZineニュース

OpenText、業務を効率化する「OpenText Cloud Editions 24.2」を発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米OpenTextは、「OpenText World Europe」カンファレンスにおいて、「OpenText Cloud Editions 24.2」を4月15日(現地時間)に発表している。

 OpenText Cloud Editions 24.2は、ビジネスクラウドであるOpenText Business Clouds 24.2、ビジネスAIであるOpenText Aviator、ビジネステクノロジであるOpenText Aviator Platforms 24.2で構成される。

 OpenText Business Clouds 24.2では、OpenText Core Journeyの提供開始によって、顧客企業におけるオンボーディング、コンプライアンス、リテンションでの、カスタマコミュニケーションの大規模な戦略化、設計、実行を可能にするとともに、OpenText Trading GridがOracle NetSuiteおよびMicrosoft Dynamics 365と連携することで、中堅企業における複数ベンダ間のシームレスな接続管理を実現するなどの新機能が利用できるようになる。

 OpenText Aviatorには、会話型検索、コンテンツ要約、翻訳機能によって情報検索を簡素化するインテリジェントアシスタントであるOpenText Content Aviatorが追加されたほか、プライベートな生成AIバーチャルアシスタントであるOpenText IT Operations AviatorがOpenText SMAXに統合された。また、生成AIを搭載したプライベートなインテリジェントアシスタントであるOpenText Operations Bridge with Aviatorといった機能追加・改善が行われている。

 OpenText Aviator Platforms 24.2では、OpenText Verticaの高度なデータベース機能とマルチテナント・プラットフォームの柔軟性を兼ね備えた、エンタープライズ向けの最新のSaaSデータレイクハウスOpenText Aviator Core Analytics Database、IoTのイベントデータ向けに追跡、認証、直ちに利用可能なデータレイクを導入することで、ビジネス価値が高いあらゆる形式の資産を追跡して管理できるようにするOpenText Aviator IoTといった新サービスが追加される。

関連リンク

この記事は参考になりましたか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の著者

CodeZine編集部(コードジンヘンシュウブ)

CodeZineは、株式会社翔泳社が運営するソフトウェア開発者向けのWebメディアです。「デベロッパーの成長と課題解決に貢献するメディア」をコンセプトに、現場で役立つ最新情報を日々お届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
CodeZine(コードジン)
https://codezine.jp/article/detail/19517 2024/05/15 14:00

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング