CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

近日自動更新予定のOffice 2003 SP3では古いファイル形式がサポート外に

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2008/01/08 11:03

MicrosoftによるとOffice 2003 SP3では古いファイル形式がサポート外になるという。

 MicrosoftによるとOffice 2003 SP3(サービスパック3)では古いファイル形式がブロックされることがあるという。ユーザーが手動でダウンロードできるインストーラーはすでに公開されているが、2008年1月30日よりWindows Updateなどを通じた自動更新が行われる予定となっている。

 サポート外になるファイル形式は環境によって異なるが、Office 97以前に使用されていたファイル形式の保存、あるいはオープンができなくなる。対象となるファイル形式は以下の通り。

  • .wk1
  • wk1 FMT
  • .wk3
  • wk3 FM3
  • .wk4
  • .wks
  • .wj1
  • .wj2
  • .wj3
  • .wq1
  • .fm3
  • .dif
  • .slk
  • PowerPoint 97以前の.ppt、.pot、.pps、.ppaなど
  • 管理者が設定したnFibの最低値より小さいnFib値を持つすべてのWordファイル

 これらファイル形式は、現在よく使われているものではないため、互換性等の問題は心配なさそうだ。この設定はすべてレジストリに登録されており、レジストリを編集することでブロックをはずすこともできる。レジストリのキーについてはMicrosoftのWebサイトを参照のこと。

 なお、WIRED VISIONでは解決策の1つとして「古いファイル・フォーマットを扱える『OpenOffice』をダウンロードする」方法をあげている。

 
【関連リンク】
Office 2003 Service Pack 3 のインストール後にブロックされる特定のファイル形式に関する情報(Microsoftサポートオンライン)
『Office 2003 SP3』の「古いフォーマット排除」問題 | WIRED VISION
CodeZine:Microsoft、Office 2003 SP3日本語版の自動更新を前倒しで実施

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5