CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Infragistics Application Styling Framework - 1 魅力的なアプリケーションとは

Infragistics NetAdvantageチュートリアル その7 - AppStylist 1

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Infragisticsは、Application Styling FrameworkやNetAdvantage AppStylistといったツール/技術を提供することで、開発者が表現力豊かなユーザーエクスペリエンスを容易に作成したり、プロがデザインしたスタイルセットを簡単に適用したりできるように力強くサポートします。本稿では、アプリケーションスタイリングについての概要、必要性について紹介します。

目次

はじめに

 インフラジスティックスは、Application Styling Framework(ASF)やNetAdvantage AppStylistといったツール・技術を提供することで、開発者が表現力豊かなユーザーエクスペリエンスを容易に作成したり、プロがデザインしたスタイルセットを簡単に適用したりできるように力強くサポートします。

 本稿を通じて、アプリケーションスタイリングの概要と必要性、そしてインフラジスティックスがこのニーズにどのように取り組んでいるのかを理解いただければと思います。

 「AppStylist for Windows Forms」と「AppStylist for ASP.NET」の両ツールは、NetAdvantage for .NET開発者ツールの一部として、弊社のWebサイトからダウンロードできます。

アプリケーションスタイリングとは

 これまでは、開発者がビジネス用途のアプリケーションを作成するとき、どのような事業データ(例えば四半期の売上)を提示するのかを選択し、4列リスト表示など、各業務に適したユーザーインターフェイス(UI)コントロールを選択するだけで十分でした。

 しかし、Windows VistaのAeroのような技術的進歩によって、ユーザーがインターフェイスに求める水準が高まってきています。アプリケーションはこれまでよりも使いやすく、アクティブで、魅力的でなければならなくなったのです。

 組織や製品のブランド化に対するビジョンを体現させるのは、グラフィックアーティストと呼ばれる人々です。アプリケーション開発者は開発フレームワークやコーディング作業の経験があるのに対して、グラフィックアーティストは、開発されたアプリケーションをユーザーフレンドリで、魅力的かつインタラクティブ性が高く、さらに一貫性のあるものとさせるためにスタイリングを完成させる能力を持っています。

 従って、優れたユーザーエクスペリエンスの構築では、2つの明確なスキルの必要性が高まっています。

  • アプリケーション開発者は、要求が厳しいビジネス要件に対して厳格なオブジェクト指向アプリケーションを構築できること。
  • グラフィックアーティストは、印象的に、またブランドを高める最大の影響力を持たせて、ユーザーにビジネス情報を配信するための創造的な才能を持っていること。

 現在のプレゼンテーションレイヤ開発の課題は、両者の専門性を製品に対して効果的、効率的に適用する方法が限られているという点です。

デザインは一度で、どこにでもスタイル

図1 - 4つの異なるスタイルを持つアプリケーション
図1 - 4つの異なるスタイルを持つアプリケーション

 上の図は作成した販売員管理アプリケーションに、あらかじめ選択しておいたスタイルセットに基づいて、4つの異なるスタイルを設定した例を表しています。

 社外、社内の両方で使用するためのシステムを開発する場合、アプリケーションスタイリングは、アプリケーション全体にわたるブランドの整合性を確立します。社内では労働者の生産性を高めるために一つのアプリケーションから次のアプリケーションへの学習曲線を最小限にする手助けとなり、社外ではブランドアイデンティティを発信する手助けとなります。多くの異なる顧客にアプリケーションを販売する場合、インフラジスティックスのASFとAppStylistを使用することにより、再スタイルの作業に煩わされることなく顧客にブランディングと生産性のメリットを提供できます。

ASFおよびAppStylistが組織にとって重要な理由

 インフラジスティックスのアプリケーションスタイリングツールは、グラフィックアーティストとアプリケーション開発者の架け橋となり、両者にとって効果的、効率的、そして容易な共同作業を可能にします。ASFは開発者の領域とデザイナーの領域をはっきりと区別します。両方の専門領域の責任を区別することで、作業の交換や専門領域以外の作業を行う傾向を最小限に抑制し、効率を最大限に維持できます。

 いずれの専門領域も他の専門領域へ関心を持つ必要はありません。例えば、グラフィックアーティストはアセンブリから組み込まれたビットマップリソースのロード方法について考える必要はなく、アプリケーション開発者はマウスオーバー効果のデザインに関心を持つ必要はありません。業務の重複を削減することにより、開発者とデザイナーはそれぞれの作業に集中できます。

 禅の哲学の原則は、重圧、葛藤、苦しみを感じる場合は何かの誤りがあるというものです。アプリケーションのデザインが大変な作業であることは否定できませんが、組織の目標に適合した作業であるべきです。ツールやアーキテクチャの制限を乗り越える作業はエネルギーの浪費です。アプリケーション開発者はなじみのあるNetAdvantage for .NETツールを使って、統合開発環境のVisual Studio .NET内で作業を行い、グラフィクアーティストはInfragistics NetAdvantage AppStylistのデザイナー指向のツールを利用できます。このように、すべてのメンバーは、スムースに作業することが可能となります。

 あらゆる組織がソフトウェア開発業務の近代化という課題に直面しています。組織は以下の点についての解決方法を模索しています。

  • 企業、アプリケーション、および顧客のブランド化
  • 増加するスタイルライブラリの管理と再使用
  • ユーザーおよび市場の高まる期待への十分な対応。
  • さまざまなスキルセットを持つ多くの専門分野にわたるチームでのプレゼンテーションレイヤデザインのコーディネート

 インフラジスティックスのアプリケーションスタイリングツールは、これらの課題を解決し、あなたの組織を競合他社よりも優位にします。


  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

バックナンバー

連載:Infragistics NetAdvantageチュートリアル

もっと読む

All contents copyright © 2005-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5