CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

.NETで縮小・展開可能な分割パネルを持ったWebページを作る-その2

スタイルシートを利用して、C1WebSplitterコンポーネントをデザインする

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2008/08/29 13:00

WebSplitter for .NETのC1WebSplitterコンポーネントは、スタイルシートを使ってコンポーネントのデザインを設定することができます。今回は、前回作成したWebページを修正し、コンポーネントのデザインをいろいろと変更してみます。

目次

はじめに

 前回は、Webページに2分割したパネルを縮小・展開したり、ドラッグでパネルのサイズを変更できる機能を、WebSplitter for .NETのC1WebSplitterコンポーネントを使って実装しました。このコンポーネントは、スタイルシートを使ってコンポーネントのデザインを設定できます。

 そこで、今回は前回作成したWebページを修正し、コンポーネントのデザインをいろいろと変更してみます。

分割バーにマウスを重ねると、バーの色が変わる
分割バーにマウスを重ねると、バーの色が変わる
パネルのフォント設定もスタイルシートで行う
パネルのフォント設定もスタイルシートで行う

前回の記事

対象読者

 Visual Basic 2005またはVisual C# 2005を使ってプログラムを作ったことのある人。

必要な環境

 Visual Basic 2005またはVisual C# 2005、Visual Studio 2005でプログラムが作れる環境。.NET Framework 2.0から追加されたクラスやメンバを使用しているので、.NET Framework 2.0がインストールされていることが必須条件です。

 なお、本プログラムはWindows Vista上で動作するVisual Studioを使用して作成し動作確認を行っています。

サンプルプログラム実行時の注意事項

1.Visual Studio 2005でサンプルWebサイトを開く

 Visual Studio 2005をお持ちであれば、ComponentOne Studio Enterprise 2008J、またはComponentOne Studio for ASP.NET 2008Jトライアル版をインストールし、ソースコード圧縮ファイル「mysplit_vb_src.zip」または「mysplit_cs_src.zip」を解凍して作成されるプロジェクトファイルをVisual Studio 2005で開き、実行させてください。

2.Visual Studio 2005を使わずにサンプルWebサイトを開く

 Visual Studio 2005を使わずに、サンプルWebサイトを直接IISなどのWebサーバで開く場合は、ソースコード圧縮ファイル「mysplit_vb_src.zip」または「mysplit_cs_src.zip」を解凍して作成されるプロジェクトファイルを、フォルダ構成を変えずにWebサーバにインストール・登録してください。

 以下は、Microsoft IISサーバにインストールする場合の手順です。

1

 プロジェクトファイルのフォルダを、そのままWebサーバへ配置します(例:\Inetpub\wwwroot直下へ配置)。

2

 サーバに配置したアプリケーションフォルダに対して、「アプリケーションへの変換」を実行します。

3

 「アプリケーションの追加」ダイアログで、「アプリケーションプール」を「Classic .NET AppPool」に設定します。

4

 クライアントのWebブラウザで、Default.aspxファイルを開きます(例:http://localhost/mysplit_vb/Default.asp)。

※注意

 Windows Vistaで製品のサンプルをコンパイルしようとするとエラーが発生する場合があります。これは、Windows VistaのUAC(ユーザーアカウント制御)により、製品サンプルがインストールされているフォルダに書き込みができないため、コンパイル時にエラーが発生するという現象です。Visual Studioを管理者権限で実行するか、サンプルプロジェクト一式をアクセス権のあるフォルダに移動してからコンパイルを行うようにしてください。

 また、Webブラウザでaspxファイルを実行する際にIISサーバでエラーになる場合は、Web.configファイルに以下の1行を追加してください。

<identity impersonate="false" />

コントロールのインストール

 はじめてWebSplitter for .NETを使用する方は、プロジェクトにComponentOne Studio Enterprise 2008JまたはComponentOne Studio for ASP.NET 2008Jをインストールする必要があります。

 インストーラは、グレープシティのWebページからダウンロードできますので、ここからダウンロードしてインストールしてください。製品ページ左側の[ダウンロード]-[トライアル版]をクリックし、ダウンロード方法([FTP]または[HTTP])を選択すれば入手できます。ファイルはzip形式で圧縮されています。

 有償のコントロールですが、プロダクトキーを入力せずにインストールすることで、トライアル版として使用できます。制限事項などの詳細については、インストーラに同梱されているリリースノートを参照ください。

コントロールの追加

 ComponentOne Studio Enterprise 2008JまたはComponentOne Studio for ASP.NET 2008Jをインストールしたら、ツールボックスに専用のタブを作成し、C1WebSplitterコンポーネントを追加します。追加するコントロールは、「.NET Frameworkコントロール」の名前空間が「C1.Web.C1WebSplitter」で始まる名前空間のコントロール「C1WebSplitter」です。

「名前空間」が「C1.Web.C1WebSplitter」で始まる名前空間のコントロール「C1WebSplitter」を選択する
「名前空間」が「C1.Web.C1WebSplitter」で始まる名前空間のコントロール「C1WebSplitter」を選択する

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

著者プロフィール

  • 瀬戸 遥(セト ハルカ)

    8ビットコンピュータの時代からBASICを使い、C言語を独習で学びWindows 3.1のフリーソフトを作成、NiftyServeのフォーラムなどで配布。Excel VBAとVisual Basic関連の解説書を中心に現在まで40冊以上の書籍を出版。近著に、「ExcelユーザーのためのAccess再...

バックナンバー

連載:WebSplitter for .NET
All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5