CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Microsoft Developer Forum 2008開催
参加者とバルマーCEOがライブで意見交換

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2008/11/06 12:00

 マイクロソフトは5日、ソフトウェア開発者を対象とした交流イベント「Microsoft Developer Forum 2008」を開催した。同社が目指すソフトウェア開発の方向性の紹介や開発者との意見交換が目的で、約90名の参加者が集い、米Microsoft社CEOのスティーブ バルマー氏との質疑応答等も行われた。  

目次

 マイクロソフトは5日、ソフトウェア開発者を対象とした交流イベント「Microsoft Developer Forum 2008」を六本木アカデミーヒルズにて開催した。同社が目指すソフトウェア開発の方向性の紹介や、開発者との意見交換が目的で、Microsoft MVP、ITベンチャー企業、理科系・情報系の大学生、一般公募と、多彩な約90名の参加者が集った。

開発者向けの取り組み

 マイクロソフトに対するITエンジニアからの主な要望として、「技術情報をもっと日本語で提供してほしい」「気軽に相談できる窓口がほしい」「次世代ユーザーエクスペリエンスを実現するための技術情報がほしい」の3点を挙げ、それぞれに取り組んだ成果を報告した。

 日本語による技術資料は、今年8月からの3か月間で約3,000ページ拡充し、WPF・IE8・Silverlightといった主要技術については、既に7,500ページ以上の情報が提供されている。同社の技術ポータルへのアクセス数も前年比で2倍以上になった。

 また、MSDNMicrosoft TechNetが4日の晩にリニューアルし、レイアウトが共通化された。必要な情報にリーチしやすい目的別タブ構成への変更、「MSDNブックマーク」というソーシャルブックマーク機能の追加、Live Searchとの統合による検索機能の強化等、各種改善も行われている。MSDNライブラリのコード検索も可能になり、今後はCodePlexMSDN Code Galleryもサーチ対象に含めていく予定だという。

リニューアルされたMSDN
リニューアルされたMSDN

 気軽に相談できるサービスについては、MSDNフォーラムやTechNetフォーラムにおいて、2008年1月から同社のエンジニアもサポートに加わったことで、参加者がそれぞれ約40%・約75%増え、回答率は約2倍になった。

 次世代ユーザーエクスペリエンスを実現するための技術情報として、ポータルサイト「PROJECT UX」を立ち上げ、WPF・Silverlight・Vista・IE8の、4つの技術情報や事例を紹介している他、開発経験を他者と共有できるキャンペーンを実施しており、既に50~60件の応募が集まっている。

 マイクロソフト株式会社 執行役 デベロッパー&プラットフォーム統括本部長 大場章弘氏は、先月末、米国で開催されたPDC 2008の印象について、「マイクロソフトのあらゆる技術が“ソフトウェア+サービス”戦略に向け、一つの方向に整合性を持ってきたことが実感できた」と述べた後、それらを日本語で紹介する「Microsoft Tech Days 2009」というイベントを、2009年1月27日から28日の2日間にかけて行うと告知した。

マイクロソフト株式会社 執行役 デベロッパー&プラットフォーム統括本部長 大場章弘氏
マイクロソフト株式会社 執行役 デベロッパー&プラットフォーム統括本部長 大場章弘氏

 今後の展開としては、技術情報の量だけではなく質の向上や、コミュニティ支援による双方向の情報発信の強化、お客様の声に対する取り組みの強化を挙げ、今後の取り組みに期待して欲しいと述べた。

次世代開発環境の方向性

 続いて、マイクロソフト株式会社 デベロッパー&プラットフォーム統括本部 部長 平野和順氏がPDC 2008で発表された技術情報のハイライトを紹介した。

マイクロソフト株式会社 デベロッパー&プラットフォーム統括本部 部長 平野和順氏
マイクロソフト株式会社 デベロッパー&プラットフォーム統括本部 部長 平野和順氏

 新しいプログラミング言語の見所は、実行時にデータ型を決められる動的プログラミング対応や、マネージドコードでParallelを実現する等の並行・並列処理の強化、マネージドコードとネイティブコードとの互換性強化、F#やIronRubyといった新言語の正式紹介等。

 .NET Framework 4.0はアイコンが青いNのイメージに一新され、CLRも4.0になり、動的言語、並行・並列処理、最新プラットフォームへの対応が行われる。

新しい.NET Frameworkのアイコン
新しい.NET Frameworkのアイコン

 Visual Studio 2010は、WPFベースのマネージドコードのUIが予定されており、HTMLスニペットの強化やモデリングのサポート、デバッギングのヒストリ記録やUIの再現テスト・自動実行によるテスト機能の強化等が行われる。

 「Oslo」と呼ばれるモデル駆動アプリケーション開発のためのプラットフォームも一部紹介された。


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー

連載:イベントレポート

もっと読む

著者プロフィール

  • 斉木 崇(編集部)(サイキ タカシ)

    メディア編集部 メディア1(CodeZine/EdTechZine/ProductZine)編集統括 兼 EdTechZine/ProductZine編集長。1978年生まれ。早稲田大学大学院理工学研究科(建築学専門分野)を卒業後、IT入門書系の出版社を経て、2005年に翔泳社へ入社。ソフトウェア開...

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5