Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

Adobe、Flashプラットフォームの最新版を発表、次期Flex Builderのプレビュー版もダウンロード可能に

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2008/11/18 13:06

 Adobeは17日、サンフランシスコで開催中の「ADOBE MAX 2008」において、次期Adobe Flashプラットフォームの概要を発表した。

 Adobeは17日、サンフランシスコで開催中の「Adobe MAX 2008」において、次期Adobe Flashプラットフォームの概要を発表した。

 今回、新しくAdobe Flashプラットフォームに追加されたのは、「Thermo」というコードネームで開発が進められていたデザインツール「Adobe Flash Catalyst」。このツールにより、コーディングすることなくアプリケーションのユーザーインターフェイスやインタラクティブなコンテンツを迅速に開発することが可能になる。Adobe Creative Suite 4で制作したアートワークの品質を落とすことなくインポートし、ボタンやスクロールバー、入力フィールドなどのダイナミックコンポーネントに変換したり、完成したプロジェクトをFlash PlayerやAdobe AIRへ直接書き出すことができる。

 また、次期バージョンのFlex Builder(コードネーム「Gumbo」)のプレビュー版の配布も開始された。Adobe Open Sourceより無償でダウンロードすることができる。プレビュー版では、データを中心としてリッチインターネットアプリケーションを開発する機能が搭載されたほか、Flash Catalystとの組み合わせによるデザインと開発のワークフローを改善、デバッガ、プロファイラ、コードエディタなど中核機能の強化などが行われている。

 なお、AdobeはFlash Catalystの評価版をAdobe MAX 2008参加者に対して配布。一般向けのパブリックベータ版は、2009年上旬を目標に提供が開始される予定となっている。

 
【関連リンク】
アドビ システムズ社、最新のAdobe FlashプラットフォームをMAX 2008で発表
【関連記事】
Adobe、AIR開発責任者に聞く 次期Flashプラットフォーム開発の見所
「Adobe MAX Japan 2009」登録受付開始、Webからの登録者には各種お得なチャンスも

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5