Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

【第8回】ターゲットの製作(その3)

mini EZ-ARM

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今回はターゲットマイコンの組み立てから動作確認までを解説していきます。

目次

マイコンを組み立てる

ターゲットコンピュータ

 組込み開発はターゲットのコンピュータがあってナンボのものです。いくら開発環境を整えたところで、肝心の開発ターゲットが無ければ意味がありません。

 今回はターゲットマイコンの組み立てから動作確認までを解説していきます。

EZ-ARMボード
EZ-ARMボード

mini EZ-ARM

 今回選んだARMのボードは、オプティマイズより販売されているmini EZ-ARMです。マイコンの型番は、NXP社のLPC2138になります。LPC2138はもともと、オランダのフィリップ社で開発されましたが、フィリップ社の半導体部門の買収によりNXPになりました。

LPC2138の仕様
  • CPUコア ARM7TDMI-S
  • クロックスピード 60MHz
  • FlashROM 512KB
  • RAM 32KB
  • シリアル UART(16C550)×2、I2C、SPI/SSP
  • タイマ 32bit×4
  • GPIO 47

入手方法

 mini EZ-ARMはオプティマイズ(http://optimize.ath.cx/)のウェブショップからも買えますが、秋葉原のITプラザ(http://www.itplaza.co.jp/)でも入手できます。

 今回はキットの組み立て方法を説明しますが、完成品を入手することも可能です。組み立てに自信の無い人や興味の無い人は完成品の購入をお勧めします。

パーツキット外観
パーツキット外観

 さて、準備が整ったら早速組み立てに挑戦しましょう。手順は次の6つです。以降順を追って解説していきます。

組み立ての6つの手順
  1. パーツの確認
  2. 背の低い部品のハンダ付け
  3. 表面実装部品のハンダ付け
  4. リード部品の取り付け
  5. コネクタ(ピンヘッダ)の取り付け
  6. JTAGインターフェースとの接続

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 大橋 修(大宮技研合同会社)(オオハシ オサム)

    大宮技研 エグゼクティブ・エンジニア。 都立高専電気工学科卒業後、日本精工(株)でエアバッグの制御ソフトウェア開発、ボッシュ(株)にてエンジンマネージメントシステム開発、適合ツールの開発、プロジェクトマネージメント、ノキアにてシンビアンOS用ミドルウェアS60の開発などをおこなう。インテルを経て、...

バックナンバー

連載:Eclipse/ARMプロセッサによる組込み開発

もっと読む

All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5