CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

BlazeDSでつくる共有ホワイトボード

BlazeDSのメッセージングを使用するデモアプリケーションを作成

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2009/11/30 14:00
目次

デモアプリケーションを試す

 すぐにデモアプリケーションをお試しいただけるように、記事で使用するアプリケーションをwarファイルとしてご用意しました。以下の手順で動作をご確認ください。

 1. BlazeDSをインストール

  • 1‐1.ブラウザでダウンロードサイトへアクセス
  • 1‐2.「Download the latest BlazeDS Release builds」をクリック
  • 1‐3.「Download the BlazeDS turnkey」をクリックしてアーカイブをダウンロード
  • 1‐4.ダウンロードしたアーカイブを任意の場所へ展開 (ここでは「C:\blazeds_turnkey_3-0-0-544」として展開しました。)

 2. warファイルを配置

 「shareboard.war」を「C:\blazeds_turnkey_3-0-0-544\tomcat\webapps」へ配置(※サンプルファイル)

 3. ユーザを登録

 接続を許可するユーザを登録します。メモ帳などで「C:\blazeds_turnkey_3-0-0-544\tomcat\conf\tomcat-users.xml」を開き、以下の内容をコピーしてください。

<?xml version='1.0' encoding='utf-8'?>
<tomcat-users>
  <role rolename="sb1user"/>
  <role rolename="sb2user"/>
  <role rolename="sb3user"/>
  <user username="user11" password="pass11" roles="sb1user"/>
  <user username="user12" password="pass12" roles="sb1user"/>
  <user username="user13" password="pass13" roles="sb1user"/>
  <user username="user21" password="pass21" roles="sb2user"/>
  <user username="user22" password="pass22" roles="sb2user"/>
  <user username="user31" password="pass31" roles="sb3user"/>
  <user username="user00" password="pass00" roles="sb1user,sb2user,sb3user"/>
</tomcat-users>

 ここでは、それぞれのボードに接続できるユーザを以下のように設定しています。

 Board 1:user11, user12, user13

 Board 2:user21, user22

 Board 3:user31

 すべて:user00

 4. Tomcatを起動

 「ファイル名を指定して実行」で「C:\blazeds_turnkey_3-0-0-544\tomcat\bin\startup.bat」を実行(停止は「C:\blazeds_turnkey_3-0-0-544\tomcat\bin\shutdown.bat」を実行)

 5. ブラウザで「http://localhost:8400/shareboard/」へアクセス

 すぐに使えるFlex版のクライアントと、AIR版クライアントをインストールするためのバッジがあります。

 6. AIR版クライアントをインストール

 バッジの「Install Now」をクリックしてインストール

 7. AIR版でログイン

  • 7‐1.「Board:」で「Board 1」が選択されているのを確認し、「Connect」を押下
  • 7‐2.User NameとPasswordにそれぞれ「user11」、「pass11」と入力し、「OK」を押下

 8. Flex版でログイン

 AIR版と同様User NameとPasswordにそれぞれ「user12」、「pass12」と入力し、「OK」を押下

 これでBlazeDSを介してAIR版クライアントとFlex版クライアントが接続されました。各クライアントからの描写が他クライアントに反映されること、AIR版クライアントにドラッグ&ドロップした画像がFlex版クライアントにも表示されることなどをご確認ください。また、同じネットワークに他のマシンが存在する場合には、接続先ホストにサーバを起動したマシンのIPアドレスを指定することにより同様に接続することが可能です。


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

修正履歴

  • 2009/12/01 10:17 BlazeDSのリンク先URLに誤りがあったため、修正しました。失礼いたしました。

バックナンバー

連載:Adobe Developer Connection

もっと読む

著者プロフィール

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5