CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

BlazeDSでつくる共有ホワイトボード

BlazeDSのメッセージングを使用するデモアプリケーションを作成

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2009/11/30 14:00
目次

開発環境

 デモアプリケーションに変更を加えるために、開発環境を用意しましょう。JavaやBlazeDSについては共通を、その他についてはお使いの環境に応じてFlex 3 SDK編またはFlex Builder 3編をご参照ください。なお、ここでは以下の環境およびバージョンを前提としています。

共通
  • Windows XP SP2
  • JDK 5.0 Update 15
  • BlazeDS 3.0.0.544
  • Apache Tomcat 6.0.14(BlazeDS turnkeyに同梱)
  • AIR 1.0
Flex 3 SDK編
  • Flex SDK 3.0.0.477(BlazeDS turnkeyに同梱)
Flex Builder 3編

共通

JDK 5.0

 BlazeDSやTomcatなどの動作に必要です。ダウンロードサイトから以下の手順でインストールをおこなってください。

  1. 「JDK 5.0 Update 15」の「ダウンロード」をクリック
  2. (「Review License Agreement」を参照した後)「Accept License Agreement」にチェック
  3. 「Windows Platform」のいずれかをクリックしてインストーラをダウンロード
  4. インストーラを実行(以下インストーラに従う)
  5. 環境変数「JAVA_HOME」を設定
  6. 実行ファイルにパスを通す(環境変数「Path」の先頭に「%JAVA_HOME%\bin;」を追記)

BlazeDS 3.0.0.544

 ダウンロードサイトから以下の手順でインストールをおこなってください。

  1. 「Download the latest BlazeDS Release builds」をクリック
  2. 「Download the BlazeDS turnkey」をクリックしてアーカイブをダウンロード
  3. ダウンロードしたアーカイブを任意の場所へ展開(ここでは「C:\blazeds_turnkey_3-0-0-544」として展開しました。)

BlazeDSのパッケージについて

 ダウンロードサイトには以下のパッケージが公開されています。

Turnkey

 サンプルプログラムがデプロイされ、設定ずみのTomcat(version 6.0.14)が含まれており、動作をすぐに確認できる状態になっています。その他に最新のFlex 3 SDKやjavadocも含まれていますので、こちらを使用すればすぐに開発を始められます。通常はこちらをダウンロードすればよいでしょう。

Binary Distribution

 BlazeDSを使用したアプリケーションのテンプレートが含まれているもので、これはTurnkeyに含まれているものとまったく同じです。既存の動作・開発環境(Tomcatなど)がすでにあり、すぐに開発を始めたい場合にはこちらをダウンロードすると便利です。

Source

 BlazeDS自体のソースやビルドスクリプトなど、BlazeDSをビルドするために必要なソースがすべて含まれています。通常は必要ありませんが、ライブラリに独自の機能を加えたり、既存の実装の内部を確認するためには必須です。なによりこのソースが公開されたことが一番のポイントですので、ぜひ時間を作って中を覗いてみてください。

AIR 1.0

 AIRアプリケーションを実行するために必要です。ダウンロードサイトから以下の手順でインストールをおこなってください。

  1. 「Download now」をクリックしてインストールをダウンロード
  2. インストーラを実行(以下インストーラに従ってインストール)

Flex 3 SDK編

インストール

 BlazeDS turnkeyに同梱されているものを使用します。以下の手順でインストールをおこなってください。

  1. 「C:\blazeds_turnkey_3-0-0-544\resources\flex_sdk\flex_sdk_3.zip」を任意のフォルダに展開(ここでは「C:\flex_sdk_3」として展開しました。)
  2. 実行ファイルにパスを通す(環境変数「Path」の先頭に「C:\flex_sdk_3\bin;」を追記)

ライブラリのインストール

 デモアプリケーション(AIR版)の中でJPEG形式の画像を保存するために、外部のライブラリをインストールする必要があります。ダウンロードサイトから以下の手順でインストールをおこなってください。

  1. 「corelib-.90.zip」をクリックしてアーカイブをダウンロード
  2. ダウンロードしたアーカイブを任意の場所へ展開(ここでは「C:\flex_sdk_3\vendor\corelib-.90」として展開しました。)
  3. 展開したライブラリにパスを通す。
  4.  「C:\flex_sdk_3\frameworks\air-config.xml」に以下の変更をおこなってください。このとき、デフォルトでは<source-path>タグ全体がコメントアウトされているため、これを解除するのを忘れないようにしてください。

    <source-path>
      <path-element>C:\flex_sdk_3\vendor\corelib-.90\corelib\src</path-element>
    </source-path>
    

確認

 正常にインストールできたか、実際に小さなプログラムを実行して確認してみましょう。「HelloWorld.mxml」、「HelloWorldAIR.mxml」、「HelloWorldAIR-app.xml」の3ファイルを任意のフォルダに配置し、コマンドプロンプトを開いてください。(※サンプルファイル)(ここでは「C:\flex_src」で確認をおこないました。)

Flex版

  1. mxmlcコマンドでswfファイルを作成する
  2. C:\flex_src>mxmlc HelloWorld.mxml
    
  3. 作成されたHelloWorld.swfをFlash Playerなどで開く(もしインストールされていなくても、「C:\flex_sdk_3\runtimes\player」に同梱されています。)

AIR版

  1. amxmlcコマンドでswfファイルを作成する
  2. C:\flex_src>amxmlc HelloWorldAIR.mxml
    
  3. adlコマンドでAIRアプリケーションとして実行
  4. C:\flex_src>adl HelloWorldAIR-app.xml
    

 それぞれ、「Hello world!」と表示されればOKです。


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

修正履歴

  • 2009/12/01 10:17 BlazeDSのリンク先URLに誤りがあったため、修正しました。失礼いたしました。

バックナンバー

連載:Adobe Developer Connection

もっと読む

著者プロフィール

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5