CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

BlazeDSでつくる共有ホワイトボード

BlazeDSのメッセージングを使用するデモアプリケーションを作成

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2009/11/30 14:00
目次

AIR版とFlex版のちがい

 このデモアプリケーションでは、AIRアプリケーション固有の機能はローカルファイルの読み書きとドラッグ&ドロップしかないため、わずかな修正のみでそのままFlex版としてコンパイルが可能です。

 AIRアプリケーションでのみ使用可能なクラスは、言語リファレンスでクラス名にAIRのロゴが付いているため、簡単に見分けることができます。

 なお、行番号は「ShareBoardAIR.mxml」のものを表示しています。比較の際に参考にしてください。

  • ルートタグ(2,346行目)
  •  AIR版では<mx:WindowedApplication>タグを使用するのに対し、Flex版では<mx:Application>タグになります。

  • ドラッグ&ドロップ(89~119行目)
  •  NativeDragManagerクラスとNativeDragEventクラスを使用しています。Flex版ではこの部分は削除しています。

  • ローカルファイルへ書き出し(259~273行目)
  •  FileとFileStreamを使用しています。同じくFlex版では削除しています。

  • ファイル書きだしボタン(308行目)
  •  Flex版では関数を削除しているため、トリガとなるボタンも削除しています。

AIR版クライアントをビルド(Flex 3 SDK)

 ここではFlex 3 SDKを使用してAIR版クライアントをビルドする手順を説明します。

ソースの配置

 開発作業用フォルダを作成し、以下の6ファイルを配置してください。(※添付ファイル)(ここでは「C:\flex_src」をソースフォルダにしました。)

  • ShareBoardAIR.mxml
  •  AIR版クライアントのソース

  • ShareBoardAIR-config.xml
  •  AIR版クライアント用のコンパイル時オプション

  • ShareBoardAIR-app.xml
  •  AIR版クライアント用のパッケージ時オプション

  • LoginWindow.mxml
  •  ログイン用ポップアップ画面(AIR版クライアント内で使用される)

  • services-config.xml
  •  サービス設定

  • messaging-config.xml
  •  メッセージング設定(サービス設定ファイルにインクルードされる)

コンパイル

 AIRアプリは「amxmlc」コマンドを使用してコンパイルします。コマンド実行後、同フォルダに「ShareBoardAIR.swf」が作成されていることを確認してください。

C:\flex_src>amxmlc ShareBoardAIR.mxml

起動確認

 「adl」コマンド(AIR Debug Launcher)を使用して、起動確認をしてみましょう。引数として「ShareBoardAIR.mxml」ではなく「ShareBoardAIR-app.xml」を指定することに注意してください。

C:\flex_src>adl ShareBoardAIR-app.xml

証明書の作成

 コンパイルしたAIR版クライアントを配布用にパッケージングするために、証明書が必要になります。ここでは広く配布することは想定していませんので、自己署名した証明書を作成します。作成には「adt」コマンドを使用します。(「newcertpassword」というパスワードを設定して、「newcert.p12」というファイル名で作成しています。)

C:\flex_src>adt -certificate -cn SelfSign 2048-RSA newcert.p12 newcertpassword

バージョン番号の更新

 AIRアプリケーションのインストール時に使用されるバージョン番号を更新しましょう。更新の度合いにより、任意の番号に変更してください。

ファイル)ShareBoardAIR-app.xml
<version>0.1.0</version>

パッケージング

 作成した証明書を使用して、パッケージングします。なお、パスワードの問い合わせでは先ほど設定した「newcertpassword」と入力してください。

C:\flex_src>adt -package -storetype pkcs12 -keystore newcert.p12 ShareBoardAIR.air ShareBoardAIR-app.xml ShareBoardAIR.swf
password: newcertpassword

 コマンド実行後、同フォルダに「ShareBoardAIR.air」が作成されます。

AIR版クライアントをビルド(Flex Builder 3)

 ここではFlex Builder 3を使用してAIR版クライアントをビルドする手順を説明します。

プロジェクトの作成

 以下の手順でプロジェクトを作成してください。

  1. メニューから「ファイル→新規→Flexプロジェクト」の順で選択してウィザードを開く
  2. プロジェクト名を入力し、以下の項目を選択し、次へ
  3.  アプリケーションの種類:デスクトップアプリケーション

     アプリケーションサーバの選択:J2EE

  4. サーバ設定検証のためTomcatを起動
  5.  「ファイル名を指定して実行」で「C:\blazeds_turnkey_3-0-0-544\tomcat\bin\startup.bat」を実行(停止は「C:\blazeds_turnkey_3-0-0-544\tomcat\bin\shutdown.bat」を実行)

  6. 「ローカルのLiveCycleデータサービスサーバーにデフォルトの場所を使用」のチェックを外して以下の項目を入力し、「設定の検証」を押下
  7.  ルートフォルダ:C:\blazeds_turnkey_3-0-0-544\tomcat\webapps\shareboard

     ルートURL:http://localhost:8400/shareboard/

     コンテキストルート:/shareboard

  8. 「WebルートフォルダとルートURLは有効です。」と表示されたことを確認して次へ
  9. ライブラリを読み込むため、ソースパスのタブを開き「フォルダの追加」でライブラリのパスを入力して終了(インストールした場所に合わせ「C:\flex_libs\corelib-.90\corelib\src」と入力します。)

ソースの配置

 プロジェクトのソースフォルダに、以下の4ファイルを配置してください。(※添付ファイル)(標準では「(マイドキュメント)\Flex Builder 3\ShareBoardAIR\src」になっているはずです。)

  • ShareBoardAIR.mxml
  •  AIR版クライアントのソース

  • LoginWindow.mxml
  •  ログイン用ポップアップ画面(AIR版クライアント内で使用される)

  • services-config.xml
  •  サービス設定

  • messaging-config.xml
  •  メッセージング設定(サービス設定ファイルにインクルードされる)

「services-config.xml」の場所を設定

 デフォルトだとTomcat以下のファイルを読み込むようになっているため、配置したファイルを読み込むように変更します。

  1. メニューから「ファイル→プロパティ」の順で選択してプロパティを開く
  2. ツリーからFlexコンパイラを選択
  3. 追加コンパイラ引数にあるパスを変更して適用またはOK
  4.  「C:\blazeds_turnkey_3-0-0-544\tomcat\webapps\shareboard\WEB-INF\flex\services-config.xml」
    →「(マイドキュメント)\Flex Builder 3\ShareBoardAIR\src\services-config.xml」

起動確認

 メニューから「実行→ShareBoardAIRの実行」を選択して実行してください。

バージョン番号の更新

 AIRアプリケーションのインストール時に使用されるバージョン番号を更新しましょう。更新の度合いにより、任意の番号に変更してください。

ファイル)ShareBoardAIR-app.xml
<version>0.1.0</version>

パッケージング

 以下の手順でAIR版クライアントを配布用にパッケージングしてください。

  1. メニューから「プロジェクト→リリースビルドの書き出し」の順で選択してウィザードを開く
  2. 必要な項目はすでにセットされているので、確認して次へ
  3. 「AIRファイルを書き出してデジタル証明書で署名」の「作成」を押下して証明書作成ウィンドウを開く
  4. 以下の項目を入力し、OKで作成
  5.  発行者名:任意

     パスワード:任意

     確認パスワード:任意

     別名で保存(ファイル名):任意

  6. 作成された証明書とパスワードが入力されていることを確認して終了

 以上でプロジェクトのフォルダに「ShareBoardAIR.air」が作成されます。


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

修正履歴

  • 2009/12/01 10:17 BlazeDSのリンク先URLに誤りがあったため、修正しました。失礼いたしました。

バックナンバー

連載:Adobe Developer Connection

もっと読む

著者プロフィール

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2022 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5