Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

カール、「Curl Development tools for Eclipse」最新版をリリース

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2010/03/15 16:03

 カールは15日、エンタープライズRIA開発環境の最新版「Curl Development tools for Eclipse Ver. 7.0.1003」(以下、CDE)、および実行環境「Curl Ver. 7.0.3」を提供開始した。

 CDEはEclipseのプラグインとして動作するリッチクライアント言語「Curl」の統合開発環境。Curlはマークアップ言語とプログラミング言語の両方の特徴を併せ持つ開発言語で、作成したアプレットはJITコンパイラのネイティブコード変換で高速化され、Webブラウザのプラグイン「Curl RTE」上で動作する。OS、メーカーを問わず、あらゆるサーバ製品との連係できるため、データやシステムなどの既存資産を有効活用できる。

 最新版のCDEでは、実行前エラー検出、ソースコード補完、カスタマイズ可能なホバー(コードの意味を説明するツールチップ)、テンプレートといった機能強化が行われた。

 機能詳細の確認体験版のダウンロードは同社のWebページで行える。

 
【関連リンク】
CDEの製品詳細
CDEの体験版ダウンロード

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5