CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Flash Builder 4の新機能

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2010/05/12 14:00

 設計段階からデータ、コーディング、そしてテストまでRIAの開発作業を強力にサポートするAdobe Flash Builder 4。この記事では、Adobe Flash Builder 4の代表的な新機能を紹介します。

目次

Flash Builder 4の新機能

 ようやく、Adobe Flash Builder 4(旧Adobe Flex Builder)の概要について説明できる運びとなりました。単に製品名が変わっただけではありません。Adobe Flexチームが費やした2年の月日にふさわしい進化を遂げています。Flashプラットフォーム向けの優れたアプリケーションを作成するための開発環境を、あらゆるタイプのデベロッパーの生産性を向上できる新しい刺激的な方向に発展させました。

 名前は変わりましたが、これはまさしくFlex Builder 3が進化したものです。オープンソースのFlexフレームワークによって、リッチインターネットアプリケーション(RIA)とコンテンツを短期間で構築できるようにする、Eclipseベースのプロフェッショナル向け開発ツールに、多くの強力な新機能が加わりました。

 この正式リリースは、2009年中にリリースした2つの公開ベータ版を経て完成されました。ベータ版でプレビューしていただいた機能が完全になっているほか、さらに追加された機能もあります。この記事では、これらの新機能のごく一部を紹介します。他のすべての機能について詳しくは、Adobe Developer Connectionをご覧ください。Flash Builder 4をすぐに体験していただけるように、多くのビデオ、記事、サンプルが用意されています。

必要条件

 この記事を最大限に活用するには、次のソフトウェアとファイルが必要です。

Flash Builder 4
※注

 インストール方法等は、下記の記事を参考にしてください。

この記事に必要な予備知識

 FlexとActionScript 3のいずれか、または両方を使い慣れていることが前提になります。

新機能の紹介

 ほとんどのFlexアプリケーションでは、まずデザインかデータのいずれかに焦点を合わせ、コーディングとテストのプロセスを経て、デプロイ作業に進みます。このプロセスから、このリリースの3つの主な機能のテーマが生まれました。

  • デザイナー/デベロッパーワークフロー
  • データ中心型の開発
  • IDEによる生産性とテスト

デザイナー/デベロッパーワークフローの改善

 アプリケーションが、ひらめきから生まれた非常に特殊なデザインから始まった場合、そのデザインが、最終的なアプリケーションで詳細まで実現されていることが重要です。アドビの先進のクリエイティブツールから生まれたコンテンツが、インタラクティビティの追加プロセスを経て、アプリケーションのロジック、サーバーやサービスとの完全な統合へ至る過程で、デザイナーの当初の意図に忠実であり続けるにはどうすればよいでしょうか?

 この疑問に答えるものが、アドビのデザイナー/デベロッパーワークフローのテーマです。それは、Adobe Flash ProfessionalおよびAdobe Flash Catalystという2つの主要Flashプラットフォーム製品を活用し、Flash Builderを使用するデベロッパーとアドビのクリエイティブツールのユーザーのコラボレーションを強化することです。

新しいワークフロー

 Flash Professional向けとして、Flash Builder 4に、FlashコンテンツをFlexアプリケーションに追加するための新しいワークフローが加わりました。これには、Flash Builderをデザインモードにした状態でコンポーネントパネルから「新規Flashコンポーネント」または「新規Flashコンテナ」をドラッグし、目的のカンバスに配置します。Flash Professionalを起動し、コンテンツを作成または編集した後、[完了]をクリックしてFlash Builder 4に戻ると、FLAファイルとSWCファイルがFlexプロジェクトにエクスポートされています。

 また、このリリースにはFlash BuilderとFlash Professionalの相互運用性を向上する仕組みも施されています。次期バージョンのFlash Professional上では、デフォルトのActionScriptコード編集環境として、内蔵のアクションパネルではなくFlash Builder 4を選択できるようになります。逆に、Flash Builder 4上で新規Flash Professionalプロジェクトを作成する使い方もできます。その場合は単に作業対象のFLAを指定し、必要なActionScriptクラスをコーディングすることで、Flash Professionalでのパブリッシュ、テストおよびデバッグ作業をFlash Builder 4上から実施できます。

Adobe Flash Catalyst

 新製品のAdobe Flash Catalystを使用すると、デザイナーがAdobe Creative Suiteツールからアートワークを読み込み、Flexフレームワークを基にして簡単にRIAユーザーインターフェースを作成できます。Flash Builder 4には、今後のバージョンのFlash Catalystから簡単なワークフローでプロジェクト全体またはコンポーネントスキンのセットを読み込む機能が用意されています。このため、デザイナーは今までにない気軽さでデベロッパーとの共同作業を進めることができます。


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

著者プロフィール

  • Andrew Shorten()

    アドビのFlash Builder担当シニアプロダクトマネージャ。コンピューターベース体験の品質、豊かさ、価値を高めるために奮闘中です。富士通に在職中は、政府および 企業顧客向けのWeb、キオスク、モバイルユーザーインターフェイスの開発に携わっていました。その後、Macromedia、Micros...

バックナンバー

連載:Adobe Developer Connection

もっと読む

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5