Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

グレープシティ、入力支援コンポーネント「InputMan」のSilverlight 4版を発表

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2010/10/20 15:00

 グレープシティは、Silvelight 4向けの入力支援コンポーネント「InputMan for Silverlight 1.0J」を12月10日より販売開始すると発表した。

 InputManは、同社が17年に渡り提供し続けている入力支援コンポーネント集。各種入力制御や入力補助機能を提供するコントロールが収録されており、現在はWindowsフォーム版、ASP.NET版、Java EE版が発売されている。グレープシティでは、Silverlightが現行のバージョン4からIEM制御が可能になったことで、InputManとして満足のいく機能が提供できるようになったため、Silverlight版の発売に踏み切ったという。

 今回発表されたInputMan for Silverlight 1.0Jにおいても、今までのWindowsフォーム版などと同様、半角カタカナやひらがなといった文字種の入力制限や、和暦や漢数字といった日本語入力に特化した各種機能を提供。また、フォーカスの移動などの動作を任意のキーに割り当てられるショートカットコマンド機能も今までどおり搭載されているため、業務系Windowsアプリケーションにおけるエンドユーザーの操作感を損なうことなく移行したい、といったシーンにも活用できる。

 さらに、Silverlight標準のアーキテクチャに準拠しており、XAMLによる外観テンプレートの適用や、コントロールの動作に独自アニメーションを付与するといったSilverlight独特の機能の実装も可能となっている。収録されているコントロールは、次のとおり。

  • GcTextBox:テキストコントロール
  • GcMask:マスクコントロール
  • GcDateTime:日付コントロール
  • GcNumber:数値コントロール
  • GcDropDownCalculator:ドロップダウン電卓コントロール
  • GcDropDownCalendar:ドロップダウンカレンダーコントロール
  • GcValidationIndicator:検証インジケータコントロール
  • GcImeManager:ふりがな取得コンポーネント
ふりがなの自動取得や、入力データの検証・エラー通知といった他プラットフォーム版で需要の多い機能を踏襲
ふりがなの自動取得や、入力データの検証・エラー通知といった他プラットフォーム版で需要の多い機能を踏襲
ひらがなから半角カタカナへといった自動変換(上)、さらに入力時と表示時で別の書式設定にする(下)、といった細やかな入力制限・制御機能の実装が可能
ひらがなから半角カタカナへといった自動変換、さらに入力時と表示時で別の書式設定にする、といった細やかな入力制限・制御機能の実装が可能
カレンダーや電卓をドロップダウンで表示させるといった入力補助機能も搭載
カレンダーや電卓をドロップダウンで表示させるといった入力補助機能も搭載
Silverlight Toolkitで提供される標準コントロールに準拠した5種類のテーマテンプレートも用意されている
Silverlight Toolkitで提供される標準コントロールに準拠した5種類のテーマテンプレートも用意されている

 なお、InputMan for Silverlight 1.0Jは、現在開発が進められているInputMan for WPFとの互換性を意識して作られており、XAMLの流用によるコードの相互互換が可能だという。開発環境はSilverlight 4 Toolsを追加したVisual Studio 2010に対応、1開発ライセンスの価格はパッケージ版が126,000円、ダウンロード版が113,400円となっている。

 
【関連リンク】
InputMan for Silverlight 1.0J 製品仕様

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5