Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Windows Azure MarketPlace DataMarketを使用した開発事始め

Windows Azure MarketPlace DataMarket入門(後編)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2011/03/07 14:00

 2010年11月のPDCで、Windows Azure MarketPlace DataMarketの正式リリースが発表されました。本稿では前回に引き続き、アプリケーションからの使用方法について解説していきます。

目次

はじめに

 前編では、Windows Azure MarketPlace DataMarketの概要とExcelやPowerPivotでの使用方法について解説しましたが、いかがだったでしょうか。データの使用イメージが理解できたのではないでしょうか。後編では引き続いてアプリケーションからの使用方法について解説していきます。

 なお、DataMarketのデータセットにはクエリを発行する際に必須入力値のある(=フィックスクエリ)データと、必須入力値のない(=フレキシブルクエリ)データの2種類があります。C#を使用して開発する場合、この2つの種類で開発手順が異なります。この2つの種類は各データの紹介画面の[Detail]タブで[Service root URL]の次の行に表示されます。

クエリデータの種類の表示箇所
クエリデータの種類の表示箇所

対象読者

  • クラウドとして提供されるサービスに興味がある方
  • DataMarketに興味がある方
  • マッシュアップでのサービス開発に興味がある方

必要な環境

  • 有効なWindows Live IDアカウント
  • Visual Studio 2010
  • .NET Framework 4以降
  • Windows Azure SDK 1.3
※注意

 Windows Azure SDK 1.3はサンプルアプリケーションをAzure上でホストするために使用しています。他の環境で開発する場合は不要です。

 Visual Studio 2010のインストールは、Visual Studio 2010 Beta 2と変わらないので、過去の記事『Visual Studio 2010 Beta 2を使ってみよう』(CodeZine)を参考に行ってください。


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 山田 祥寛(ヤマダ ヨシヒロ)

    静岡県榛原町生まれ。一橋大学経済学部卒業後、NECにてシステム企画業務に携わるが、2003年4月に念願かなってフリーライターに転身。Microsoft MVP for ASP/ASP.NET。執筆コミュニティ「WINGSプロジェクト」代表。 主な著書に「入門シリーズ(サーバサイドAjax/XMLD...

  • WINGSプロジェクト bird982000(bird982000)

    <WINGSプロジェクトについて> 有限会社 WINGSプロジェクトが運営する、テクニカル執筆コミュニティ(代表 山田祥寛)。主にWeb開発分野の書籍/記事執筆、翻訳、講演等を幅広く手がける。2018年11月時点での登録メンバは55名で、現在も執筆メンバを募集中。興味のある方は、どしどし応募頂...

バックナンバー

連載:Windows Azure MarketPlace DataMarket入門
All contents copyright © 2005-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5