SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

Windows Azure MarketPlace DataMarket入門

Windows Azureが提供する新しいマッシュアップサービス MarketPlace DataMarket

Windows Azure MarketPlace DataMarket入門(前編)


  • X ポスト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2010年11月のPDCで、Windows Azure MarketPlace DataMarketの正式リリースが発表されました。本稿では、このサービスの概要と実際の使用感を紹介してみたいと思います。

  • X ポスト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

はじめに

 2010年11月のPDCでWindows Azureの新機能が多数紹介されましたが、その中にWindows Azure MarketPlace DataMarket(以降、DataMarket)が正式にリリースされたことも発表されていました。ただ、その他のサービスと異なり雰囲気が違うため、これまで日本において使用イメージがあまり言及されることがありませんでした。しかし、筆者はこのサービスがマッシュアップと呼ばれるWebプログラミングの潮流をさらに進化させ、支えていく重要なサービスになっていくと信じて注目しています。そのため、今回DataMarketのサービス概要を紹介して実際に使用してみることで、皆さんにもこのサービスをイメージしていただきたいと思います。

対象読者

  • クラウドとして提供されるサービスに興味がある方
  • DataMarketに興味がある方
  • マッシュアップでのサービス開発に興味がある方

必要な環境

  • 有効なWindows Live IDアカウント

DataMarketとは

 マイクロソフト社が提供するクラウドサービスではPaaSとしてのWindows Azure Platform、SaaSとしてのOffice 365などの他にWindows Azure MarketPlaceと呼ばれるオンラインマーケットのサービスがあります。MarketPlaceは"Application"と"DataMarket"の2つのセクションから構成されており、今回紹介するのは"DataMarket"になります。このサービスは以前コードネーム Dallasと呼ばれていたものです。なお、"Application"はサービスやアプリケーションなどを対象としたマーケットプレイスです。12月下旬にベータ公開されています。

 このサービスはMarketPlace(場所としての市場) DataMarket(データの市場)という言葉で表現されているように、データベースのデータを売り買いするための市場を提供するサービスになります。

 これまでデータを取得する場合は、例えばLivedoor Weather Web Serviceのようにデータベースを提供している事業者のサイトを探した上で、それぞれの規約やデータ提供方法に従ってデータを受け取る必要がありました。そのため、必要なデータを探して使用するには非常に手間がかかりました。このような状況を打開できる可能性をDataMarketは持っています。

 まず、すべての情報はDataMarketのサービス経由で呼び出されるため、統一された手法でアクセスできます。また、データの提供もすべてODataと呼ばれるWebベースで提供されるデータ共有・操作のためのプロトコルで統一して提供しているためアクセスは容易です。また、ODataはVisual StudioやExcelなどで対応しているため使用も容易です。

 また、同じ場所でデータを購入できることも重要なサービスです。例えば洗濯機を買うために小売店に行った際に、店内を見回してたまたま目に入ったkinectコントローラが気になることがあるかもしれません。このように、これまでのように事業者ごとにデータが配置されていたならば気づかなかったような発見の可能性が高まるのが一箇所に情報が集まった効果です。これにより、今まで思いつかなかったような新しいマッシュアップでのサービスが構築されるかもしれません。

 このように新しい可能性を開くためのインキュベータとなりうるのが、Windows Azure MarketPlace DataMarketです。

 現在、国連が提供する統計情報・ヨーロッパの温暖化ガスの排出状況・地図情報・シンガポールの観光情報・薬関連の統計情報・MLB(野球のメジャーリーグ)NFL(アメリカのアメリカンフットボールのプロリーグ)・天気情報など様々な情報が提供されていて、まだまだ増えているようです。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
DataMarketでのデータ購入方法

この記事は参考になりましたか?

  • X ポスト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Windows Azure MarketPlace DataMarket入門連載記事一覧
この記事の著者

山田 祥寛(ヤマダ ヨシヒロ)

静岡県榛原町生まれ。一橋大学経済学部卒業後、NECにてシステム企画業務に携わるが、2003年4月に念願かなってフリーライターに転身。Microsoft MVP for Visual Studio and Development Technologies。執筆コミュニティ「WINGSプロジェクト」代表。主な著書に「独習シリーズ(Java・C#・Python・PHP・Ruby・JSP&サーブレットなど)」「速習シリーズ(ASP.NET Core・Vue.js・React・TypeScript・ECMAScript、Laravelなど)」「改訂3版JavaScript本格入門」「これからはじめるReact実践入門」「はじめてのAndroidアプリ開発 Kotlin編 」他、著書多数

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

WINGSプロジェクト bird982000(bird982000)

WINGSプロジェクトについて> 有限会社 WINGSプロジェクトが運営する、テクニカル執筆コミュニティ(代表 山田祥寛)。主にWeb開発分野の書籍/記事執筆、翻訳、講演等を幅広く手がける。2018年11月時点での登録メンバは55名で、現在も執筆メンバを募集中。興味のある方は、どしどし応募頂きたい。著書記事多数。 RSS Twitter: @yyamada(公式)、@yyamada/wings(メンバーリスト) Facebook

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • X ポスト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
CodeZine(コードジン)
https://codezine.jp/article/detail/5702 2011/02/03 17:07

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング