Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

アーキテクチャ分析ツール「Lattix 6.5 日本語版」発売、ActionScript/MXMLにも対応

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2011/04/19 12:23

 テクマトリックスは19日、ソフトウェアアーキテクチャ分析ツール「Lattix 6.5」(開発:米Lattix社)日本語版の販売を開始した。

 DSM(Dependency Structure Matrix)というタスク同士の情報の依存関係に着目した手法を使い、システムの構造と依存関係を可視化する分析ツールで、構成要素の構造と依存関係を表形式で表現する。また、変更箇所の影響度分析、アーキテクチャメトリクス分析といった支援機能も備えており、アーキテクチャの再構築や最適化、リファクタリングに有用。

 新機能として、分析レポートレポジトリへのWebブラウザ経由のアクセス(オプション製品が必要)や、ActionScriptおよびFlex MXMLで作成されたアプリケーションの解析に対応した他、アーキテクチャメトリクスの種類やレポート機能、パフォーマンスが強化された。

 テクニカルサポートの対象は、Java、C/C++(BSC、Doxygen、Understand)、.NET、Oracle、SQL(SQL Server)、UML/SysML(Rhapsody, XMI)、LDI。分析対象については製品ページを参照のこと。

依存関係を可視化し、コンポーネントパーティショニング機能により、
グルーピングし、仮想パーティションを作成した様子
依存関係を可視化し、コンポーネントパーティショニング機能により、グルーピングし、仮想パーティションを作成した様子

 
【関連リンク】
アーキテクチャ分析ツール「Lattix」
Lattixの稼動環境・分析対象

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5