Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

IDCフロンティア、北九州データセンターからもクラウドサービス「NOAH」を提供開始、5月から

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2011/04/20 12:36

 IDCフロンティアは20日、クラウドコンピューティングサービス「NOAHプラットフォームサービス」を、福岡県北九州市のデータセンター「アジアン・フロンティア」からも、5月初旬より順次提供開始すると発表した。

 同社では、首都圏・関西・九州の計9か所でデータセンターを運用しており、これまで首都圏から提供されていたクラウドサービスの拠点に、初めて西日本地域(北九州)が加わることになる。クラウドサービスの提供地域を選択できるようになることで、大規模災害や障害によるダウンタイムの最小限化が見込まれる。

 NOAHプラットフォームサービスは、ハイパーバイザーにVMware ESXとHyper-Vを採用したクラウドサービスで、SLA99.99%の高可用性、ネットワーク定額料金、専任担当による運用サポート等が特徴。最近ではソーシャルアプリケーション、スマートフォン向けアプリのインフラ用途でのフォローも手厚い。

 
【関連リンク】
NOAHプラットフォームサービス
アジアン・フロンティア
・『安心の料金、柔軟なサポート体制、高い信頼性でソーシャルアプリを支援 ~パブリッククラウド「NOAH」』(CodeZine)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5