Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

コンテキストメニューを持ったSilverlightアプリケーションの作成

ComponentOne Studio for SilverlightのC1ContextMenuコントロールを使ったWebページの作成

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2011/05/16 14:00

 ComponentOne Studio for SilverlightのC1ContextMenuコントロールは、Silverlightアプリケーション上でWindowsフォームのようにコンテキストメニューを使えるようにするコントロールで、コントロールごとにコンテキストメニューを組み込むことができます。今回は、この C1ContextMenuコントロールを使って、コントロールごとにコンテキストメニューを持ったWebページを作成してみました。

目次

はじめに

 Windowsフォームアプリケーションでおなじみのコンテキストメニューは、作業の手元でメニューがポップアップするため、とても使い勝手の良い機能ですが、残念ながらSilverlightの標準コントロールには用意されていません(WPFには標準で装備されています)。

 ComponentOne Studio for Silverlightに収録されているC1ContextMenuコントロールは、Silverlightアプリケーション上でWindowsフォームのようにコンテキストメニューを使えるようにするコントロールで、コントロールごとにコンテキストメニューを組み込むことができます。今回は、このC1ContextMenuコントロールを使って、コントロールごとにコンテキストメニューを持ったWebページを作成してみました。

サブメニューも持ったコンテキストメニューを使うことができる
サブメニューも持ったコンテキストメニューを使うことができる
アプリケーションの操作機能ごとにコンテキストメニューを組み込むことができる
アプリケーションの操作機能ごとにコンテキストメニューを組み込むことができる

対象読者

 Visual Basic/Visual C# 2008を使ってプログラムを作ったことのある人。また、SilverlightおよびXAMLに対する基礎的な知識が必要になります。

必要な環境

 Visual Basic 2008、Visual C# 2008、Visual Studio 2008でプログラムが作れる環境。また、Visual Studio 2008 Silverlight Tools 3.0をインストールしていることが必須条件です。

 なお、本プログラムはWindows Vista上で動作するVisual Studio 2008およびVisual Studio 2008 Silverlight Tools 3.0を使用して作成し、Internet Explorer 8で動作確認を行っています。

サンプルソース実行時の注意点

 サンプルソースを実行するには、C#、VBともに次の設定を行う必要があるため、注意してください(※○○にはcsまたは vbのいずれかが入ります)。


  1. ソリューションエクスプローラでASP.NET Webサイトプロジェクト(sl_context_○○.Web)を右クリックし、[スタートアッププロジェクトに設定]を選択
  2. ソリューションエクスプローラで sl_context_○○TestPage.aspxを右クリックし、[スタートページに設定]を選択

コンポーネントのインストール

 ComponentOne Studio for Silverlightを使用する方は、Visual Studio、Visual Basic、Visual C#の開発環境にComponentOne Studio Enterpriseをインストールする必要があります。

 インストーラは、グレープシティのWebページからダウンロードできます。製品ページの[申込フォーム]をクリックし、グレープシティのWebサイトへ必要情報を登録すると、添付トライアルライセンスキーファイルとダウンロードサイトを記載したE-Mailが送られてきますので、ここからダウンロードします。制限事項などの詳細については、インストーラに同梱されているリリースノートを参照ください。


  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 瀬戸 遥(セト ハルカ)

    8ビットコンピュータの時代からBASICを使い、C言語を独習で学びWindows 3.1のフリーソフトを作成、NiftyServeのフォーラムなどで配布。Excel VBAとVisual Basic関連の解説書を中心に現在まで40冊以上の書籍を出版。近著に、「ExcelユーザーのためのAccess再...

バックナンバー

連載:ComponentZine(ComponentOne Studio)

もっと読む

All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5