Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

オラクル、ロジスティクス分野への取り組みを強化

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2006/09/25 19:10

日本オラクル株式会社は、物流管理アプリケーション「Oracle Transportation Management」の日本での提供開始を発表した。同社では、同製品を基軸にロジスティクス分野への取り組み強化を進めていく。

 日本オラクル株式会社は、物流管理アプリケーション「Oracle Transportation Management」の日本での提供開始を発表した。またロジスティクス分野への取り組みを強化するとも述べた。

 「Oracle Transportation Management」は、2005年11月に買収したG-log(ジーログ)社の、グローバル物流を管理するアプリケーション「G-Log」を機能強化したもの。海運や空輸など異なる輸送形態を一貫して管理できる。また世界6ヶ国の言語、時間帯、通貨にも対応していることから、1拠点での集中管理も実現。オラクルの業務アプリケーション「Oracle E-Business Suite」の一製品として提供する。

 また同製品は3次元の積荷空間を想定した、画像シミュレーションによる積荷配置計画機能の搭載により計画精度が向上している。さらに「Oracle E-Business Suite」の受注管理モジュール「Order Management」、発注管理モジュール「Purchase Order」、買掛未払金モジュール「Payables」などのアプリケーションとの連携も可能。そのため、物流プロセスだけをシステム化する個別最適のアプリケーション以外にも、企業のサプライチェーン全体の最適化を促進し、効率的なロジスティクス・システムの構築が可能となる。

 同社では、同製品を基軸にロジスティクス分野への取り組み強化を進めていく。またサプライチェーンのアプリケーションに対して、ビジネス戦略担当責任者を配置し、同社が中心となって同製品を積極的に推進していくと述べている。

プレスリリース:日本オラクル、ロジスティクス分野への取り組みを強化(News2u.net)
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5