Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

IDCフロンティア、セルフポータル型クラウドサービス「IDCFクラウド」の機能を強化

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2012/03/28 12:55

 IDCフロンティアは、セルフポータル型のクラウドサービス「IDCフロンティア クラウドサービス セルフタイプ」(以下、IDCFクラウド セルフタイプ)の運用・監視ツールである「セルフモニタリング」の機能を強化し、28日から提供を開始した。

 IDCフロンティア クラウドサービスは、「世界標準クラウド」「多様なバリエーション」「日本品質の信頼性」をコンセプトに、ITリソースを構築・管理できるIaaS型のパブリッククラウドサービス。2009年6月から国内データセンターでのサービスを開始した。専任担当による運用サポートを提供するマネージド型と、クラウド基盤に「CloudStack」を採用し、利用者は必要なときに必要なだけWeb経由でITリソースを構築・管理可能なセルフポータル型サービスを利用できる。

 IDCFクラウド セルフタイプは、Web上のダッシュボードで仮想マシンの状態やアラートをグラフィカルに表示することができ、アラート通知などが可能な「セルフモニタリング」機能を、無償で提供している。

IDCFクラウド「セルフモニタリング」の画面イメージ
caption

 今回、ユーザーからの改善要望に応え、モニタリング間隔を5分に短縮し、直近のデータを即座に表示できるようにした。また、仮想マシンへの個別名設定とグループ化や、展開・縮小表示への対応によって視認性を向上している。さらに、マウスオーバーによるステータス表示や、操作ステップ数の削減などのユーザーインターフェース改善を実施するとともに、Windowsサーバのリソース監視機能を追加した。

 今後はプラグインの提供による監視のカスタマイズや、グループ単位のマシン設定といった機能拡張を予定している。


【関連リンク】
IDCフロンティア

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5