CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

QRコード付き名刺印刷アプリケーションの作成

GcBarCodeコントロールと、C1PdfDocumentコントロールを使った.NETアプリケーションの作成

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2012/09/19 14:00
目次

コンポーネントのインストール

 「PowerTools PlusPak for Windows Forms 6.0J」と「PowerTools ComponentOne Studio 2012J」を使用するには、Visual Studio、Visual Basic、Visual C#の開発環境に同製品をインストールする必要があります。インストーラは、グレープシティのWebページからダウンロードできます。

 ダウンロードしたい製品にチェックを付け[申込フォーム]ボタンを押すと、「トライアル版申込フォーム」ページに移動するので、「個人情報の収集および使用に同意する」にチェックを入れ[同意する]ボタンをクリックします。

 トライアル申込フォームで必要情報を登録すると、添付トライアルライセンスキーファイルとダウンロードサイトを記載したE-Mailが送られてきますので、ダウンロードします。ZIP形式で圧縮されたファイルを解凍して、インストーラを起動します。

 制限事項などの詳細については、インストーラに同梱されているリリースノートを参照ください。

コントロールの追加

 「PowerTools PlusPak for Windows Forms 6.0J」および「PowerTools ComponentOne Studio 2012J」をインストールしたら、プロジェクトにコントロールを追加します。

 ツールボックスに専用のタブを作成し、使用するコンポーネントを追加します。追加するコンポーネントは次の2つです。

名前空間 コントロール
C1.C1Pdf C1PdfDocument
GrapeCity.Win.BarCode GcBarCode
名前空間が「C1.C1Pdf」の「C1PdfDocument」と、
名前空間が「C1.C1Pdf」の「C1PdfDocument」と、
「GrapeCity.Win.BarCode」の「GcBarCode」コントロールを選択する
「GrapeCity.Win.BarCode」の「GcBarCode」コントロールを選択する

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 瀬戸 遥(セト ハルカ)

    8ビットコンピュータの時代からBASICを使い、C言語を独習で学びWindows 3.1のフリーソフトを作成、NiftyServeのフォーラムなどで配布。Excel VBAとVisual Basic関連の解説書を中心に現在まで40冊以上の書籍を出版。近著に、「ExcelユーザーのためのAccess再...

バックナンバー

連載:ComponentZine(PlusPak)

もっと読む

All contents copyright © 2005-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5