Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

データベースのデータからバブルチャートを作成する.NETアプリケーションを作る

「PowerTools ComponentOne Studio 2012J」のC1Chart2D/C1FlexGridコントロールを使った.NETアプリケーションの作成 その2

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2012/10/29 14:00

 前回は、「PowerTools ComponentOne Studio 2012J」の「C1Chart(2D)」コントロールと「C1FlexGrid」コントロールを使用して、データを直接グリッドに入力しリアルタイムにデータをバブルチャートで表示するアプリケーションを作成しました。今回はこのアプリケーションを、C1FlexGridコントロールがデータベースと連結してデータを直接読み込み表示できる機能を利用し、データベースファイルからデータを読み込んでバブルチャートを作れるように改良してみました。

目次
グラフ化するデータベースとクエリ文を入力すると、
グラフ化するデータベースとクエリ文を入力すると、
グリッドにデータベースデータを表示しバブルチャート化する
グリッドにデータベースデータを表示しバブルチャート化する

はじめに

 前回は、「PowerTools ComponentOne Studio 2012J」の「C1Chart(2D)」コントロールと「C1FlexGrid」コントロールを使用して、データを直接グリッドに入力しリアルタイムにデータをバブルチャートで表示するアプリケーションを作成しました。

 そこで、C1FlexGridコントロールがデータベースと連結してデータを直接読み込んで表示できる機能を利用し、このアプリケーションをいろいろなデータベースからデータを読み込んでバブルチャートを作れるように改良してみました(今回はAccessデータベースファイルを使用しています)。

対象読者

 Visual Basic 2005/2008/2010、またはVisual C# 2005/2008/2010を使ってプログラムを作ったことがある人。

必要な環境

 Visual Basic 2005/2008/2010、Visual C# 2005/2008/2010、Visual Studio 2005/2008/2010のいずれかでプログラムが作れる環境。

 なお、本プログラムはWindows 7上で動作するVisual Studio 2010を使用して作成し、動作確認を行っています。

プログラム実行時の注意事項

 「PowerTools ComponentOne Studio 2012J」を使って作成したアプリケーションを配布する場合、「PowerTools ComponentOne Studio 2012J」のアセンブリファイルを添付する必要があります。これは、Common Language RuntimeのDLLをアプリケーションと一緒に配布するのと同じです。

 本記事のサンプルアプリケーションを正常に動作させるためには、次のファイルをインストールする必要があります。

サンプルファイルの実行に必要なファイル(※.NET Framework 4でのみ利用可)
ファイル名 説明
C1.C1FlexGrid.2.dll 本体アセンブリ
C1.C1FlexGrid.4.dll 本体アセンブリ(※)
C1.Win.C1Chart.2.dll C1Chart本体アセンブリ
C1.Win.C1Chart.4.dll C1Chart本体アセンブリ(※)

 このファイルを、プログラムを実行するフォルダに格納します。

 .NET Framework 2.0から追加されたクラスやメンバを使用しているので、.NET Framework 2.0以上のバージョンの.NET Frameworkがインストールされていることが必須条件です。

コンポーネントのインストール

 「PowerTools ComponentOne Studio 2012J」を使用するには、開発環境(Visual Studio/Visual Basic/Visual C#)に、「PowerTools ComponentOne Studio 2012J」をインストールする必要があります。

 インストーラは、グレープシティのWebページからダウンロードできます。

 ダウンロードしたい製品にチェックを付け[申込フォーム]ボタンを押すと、「トライアル版申込フォーム」ページに移動しますので、「個人情報の収集および使用に同意する」にチェックを入れ「同意する」ボタンをクリックします。

 トライアル申込フォームが表示されますので、必要情報を登録すると添付トライアルライセンスキーファイルとダウンロードサイトを記載したE-Mailが送られてきます。ここからダウンロードします。ダウンロードファイルは圧縮ファイルになっていますので、解凍してインストーラを起動します。

 制限事項などの詳細については、インストーラに同梱されているリリースノートを参照ください。

コントロールの追加

 「PowerTools ComponentOne Studio 2012J」をインストールしたら、プロジェクトにコントロールを追加します。

 ツールボックスに専用のタブを作成し、使用するコンポーネントを追加します。追加するコンポーネントはアセンブリ名が「C1.Win.C1FlexGrid.4」の「C1FlexGrid」コントロールと、アセンブリ名が「C1.Win.C1Chart.4」の「C1Chart」コントロールです。

追加するコントロール
コントロール アセンブリ
C1FlexGrid C1.Win.C1FlexGrid.4
C1Chart C1.Win.C1Chart.4
アセンブリ名が「C1.Win.C1FlexGrid.4」の「C1FlexGrid」コントロール
アセンブリ名が「C1.Win.C1FlexGrid.4」の「C1FlexGrid」コントロール
アセンブリ名が「C1.Win.C1Chart.4」の「C1Chart」コントロール
アセンブリ名が「C1.Win.C1Chart.4」の「C1Chart」コントロール

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 瀬戸 遥(セト ハルカ)

    8ビットコンピュータの時代からBASICを使い、C言語を独習で学びWindows 3.1のフリーソフトを作成、NiftyServeのフォーラムなどで配布。Excel VBAとVisual Basic関連の解説書を中心に現在まで40冊以上の書籍を出版。近著に、「ExcelユーザーのためのAccess再...

バックナンバー

連載:ComponentZine(ComponentOne Studio)

もっと読む

All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5