Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

PyCon APAC 2013 in Japan 開催前レポート
~第3回 パーティの紹介

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2013/09/09 14:00

 第2回はPyCon APAC 2013 in Japanのセッションと、カンファレンス本編の前日に行われるチュートリアルデイについての紹介でした。第3回となる今回は、カンファレンス1日目の夜に開催されるパーティについて紹介します。

パーティの紹介

 パーティー担当の神谷です。

 カンファレンス1日目の土曜日の夜、東京都庁展望台を貸し切って、スタンディングの飲み放題、特製の料理をお楽しみいただこうと思っています。その日の出会いを深めるもよし、1日目をともに振り返るもよし、皆さんに思いっきり楽しんでいただければと思います。チケットは当日券を販売していますので、参加したい方はパーティ会場までお越しください。

パーティ詳細

場所 都庁展望台 Tokyo Cafe 202(カンファレンス会場から徒歩10分)
時間 9月14日 19:00 開場・受付開始 19:30〜21:30 パーティ
住所 東京都新宿区西新宿2-8-1 東京都庁第一本庁舎南展望室 45F(地上202m!)
電話 0120-745-202
食べログURL http://tabelog.com/tokyo/A1304/A130401/13035927/
料金 現在調整中ですが、前売り券の料金6,000円+αになる予定です

 パーティ運営担当者で会場を下見したのですが、360度東京の夜景が見渡せて、とても開放感がある素敵な会場です。当日は、有志によるDJパフォーマンスや、野良ハンズオンなどを企画していますので今から楽しみです!

会場からの夜景
会場からの夜景
日中はこんな感じで見えるそうです(スカイツリーが中央に見えています)
日中はこんな感じで見えるそうです(スカイツリーが中央に見えています)
パーティはこんな感じになる予定です
パーティはこんな感じになる予定です

最後に

 広報の筒井です。

 いかがでしたでしょうか? 全3回にわたって、PyCon APAC 2013 in Japanの見所について紹介しました。間もなく開催ですが、チュートリアルは9/13(金)00:00まで参加を受け付けています。また、パーティは当日券も販売していますので、お気軽に会場までお越しください。

 今年のPyCon APACでは、今までにない体験を楽しんでいただけると思います。スタッフ一同、みなさまのご来場をお待ちしております!



  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 神谷 亮一郎(カミヤ リョウイチロウ)

    PyCon JP 2014スタッフ。Sweet Remedy Inc.で投資銀行向けの経営コンサルティングをしています。Webサービスのために作った会社なのですが、まだ実現できていません……。 前職まではプログラミングは趣味の程度でしたが、昨年退職して念願のWebサービス立ち上げにむけて開発中です...

  • 筒井 隆次(ツツイ リュウジ)

    本業はWebエンジニア。メイン言語はJava、PHP、Python。 Pythonを学んだのは2011年ごろで、Python歴はまだ浅いのですが、書きやすさから今では一番お気に入りの言語になりました。 最近、仕事でも念願のPython(Django)デビューができました(PyCon JPスタッフ...

バックナンバー

連載:「PyCon APAC 2013 in Japan」レポート
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5