Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

円形メニューを持った.NETアプリケーションの作成

ComponentOne Studioを活用したWindowsフォームアプリケーションの作成

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014/02/24 14:00

 「ComponentOne Studio 2013J」のC1RadialMenuコントロールを使って、円形メニューを実装したWindowsフォームアプリケーションを作成してみます。

目次

はじめに

 本来、ユーザーがどのアプリケーションも同じように操作できるようにしたのがWindowsのGUIですが、一方で他社製品との差別化を図るために独自のGUIを組み込むことも求められています。

 C1RadialMenuコントロールは、コンテキストメニューを進化させた円形のポップアップメニューを実装できるコントロールです。マウスだけでなくタブレットのタッチ操作もサポートしており、通常のコンテキストメニューとは違ったデザインでユーザーに操作コマンドを提供します。

 そこで今回は、この円形メニューを実装したWindowsフォームアプリケーションを作成してみました。

テキストボックス上でダブルクリックするとポップアップする
テキストボックス上でダブルクリックするとポップアップする
メニューが円形に配置され、通常のメニューと同様階層メニューも組み込める
メニューが円形に配置され、通常のメニューと同様階層メニューも組み込める

対象読者

 Visual Basic 2010/2012/2013、またはVisual C# 2010/2012/2013を使ってプログラムを作ったことがある人。

必要な環境

 Visual Basic 2010/2012/2013、Visual C# 2010/2012/2013、Visual Studio 2010/2012/2013でプログラムが作れる環境。

 なお、本プログラムは次の環境で開発・動作確認を行っています。

  • OS:Windows 7
  • 開発Tool:Visual Studio 2010、.NET Framework 4

プログラム実行時の注意事項

  本稿の実行ファイル(バイナリファイル)を動かすには、zipファイルに同梱してある以下のファイルが必要になります(.NET Framework 4でのみご使用いただけます)。

ファイル名 説明
C1.Win.C1Command.4.dll 本体アセンブリ

 このファイルを、実行プログラムと同じフォルダに格納します。


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 瀬戸 遥(セト ハルカ)

    8ビットコンピュータの時代からBASICを使い、C言語を独習で学びWindows 3.1のフリーソフトを作成、NiftyServeのフォーラムなどで配布。Excel VBAとVisual Basic関連の解説書を中心に現在まで40冊以上の書籍を出版。近著に、「ExcelユーザーのためのAccess再...

バックナンバー

連載:ComponentZine(ComponentOne Studio)

もっと読む

All contents copyright © 2005-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5