CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

「ASP.NET Identity」の登場背景と実際の使い方

ASP.NET Identity入門 第1回

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014/04/18 14:00
目次

ASP.NET Identity登場(VS2013)

 ASP.NETメンバーシップに存在する上記の問題を解決するために登場したのが、本連載のテーマである「ASP.NET Identity」です(図3)。

図3:ASP.NET Identityのサポート範囲
図3:ASP.NET Identityのサポート範囲

 ASP.NET Identityは、次のような目標を見据えてデザインされています。

One ASP.NET

 ASP.NET Webフォームから、MVC、Web API、そしてSignalRと、さまざまなスタイルのASP.NETアプリケーションで使用できます。

追加のユーザー情報カスタマイズの容易さ

 資格情報へのアクセスにはEntity Frameworkが使用されており、そのマイグレーション機能(*2)を使うことで、誕生日などの情報を簡単にユーザー情報に追加できます。また、追加された情報は、ユーザー名などの基本的な資格情報と同じテーブルに配置されるため、管理も容易です。

データストアの柔軟性

 SQL Serverだけでなく、他のRDBMSやNoSQLとも、比較的簡単に連携できるようになっています。

ユニットテストが容易

 インターフェースを軸としてAPIが構築されているため、スタブ、モックを使用することで、実装を切り替えてユニットテストを行えるようになっています。

ソーシャルログイン

 Microsoftアカウントはもちろん、Facebook、Twitter、Googleといった外部のソーシャルアカウントを使った認証が行えます。

 また、実装面では次のような特徴を備えています。

OWIN(Open Web Interface for .NET)統合

 認証には従来のフォーム認証ではなく、OWINの認証用ミドルウェアを使用しています。これにより、ソーシャルログインが容易に行えるようになっています。

NuGetによる提供

 関連ライブラリがNuGetから入手できるため、導入が容易です。

Visual Studio 2013統合

 Express for Webを含むVS2013のWebアプリケーションの標準テンプレートに組み込まれているため、まず使ってみることが簡単にできます。

 なお、ASP.NET Identityの詳しい情報については、以下のページを参照してください。

*2)Entity Frameworkマイグレーション

 EF Code Firstのデータモデルクラスの変更をもとに、既存のデータを残したままデータベースのテーブルを変更する機能。詳しくは以下のページ参照。
 

OWIN(Open Web Interface for .NET)

 OWINとは、Webサーバーとアプリケーションコンポーネント間のやりとりの仕様を新たに定義するプロジェクトです(図4)。
 

図4:OWIN概念図
図4:OWIN概念図

 OWINのリファレンス実装である「Katanaプロジェクト」を利用すると、次のことが行えるようになります。例えば、IISがなくとも独自にASP.NETアプリケーションをホストするコンソールアプリケーションの作成(セルフホスト)や、IISでホストすることもできます。
 

 また、OWINはASP.NET Webアプリケーションを認証などの各機能を担当する「ミドルウェア」をつなげたパイプラインとしてその処理を行います。この「ミドルウェア」を自作して追加することで、パイプライン処理の挙動をカスタマイズすることができます。日本語情報はまだまだ少ないのですが、例えば次のページでその一端を垣間見ることが可能です。
 

 OWINは、これまでよりも柔軟なWebアプリケーションの構築ができることを期待され、注目を集め始めています。


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー

連載:ASP.NET Identity入門

もっと読む

著者プロフィール

  • WINGSプロジェクト 高野 将(タカノ ショウ)

    <個人紹介> 新潟県長岡市在住の在宅リモートワークプログラマー。家事や育児、仕事の合間に長岡IT開発者勉強会(NDS)、Niigata.NET、TDDBCなどのコミュニティに関わったり、Web記事や書籍などの執筆を行ったりしている。著書に『アプリを作ろう! Visual C#入門 Visual C...

  • 山田 祥寛(ヤマダ ヨシヒロ)

    静岡県榛原町生まれ。一橋大学経済学部卒業後、NECにてシステム企画業務に携わるが、2003年4月に念願かなってフリーライターに転身。Microsoft MVP for ASP/ASP.NET。執筆コミュニティ「WINGSプロジェクト」代表。 主な著書に「入門シリーズ(サーバサイドAjax/XM...

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5