Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

GNU AWKはまだまだ成長中! ユーザーの声をもとに作成された拡張機能を組み込んでみよう

► 「シェル芸」に効く GNU AWK処方箋 最終回 (月刊『シェルスクリプトマガジン January 2015(vol.21)』より転載)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015/01/26 14:00

 GNU AWK(以下、gawk)は標準でGNU MPFR(Multiple Precision Floating-Point Reliably)を用いた拡張があり、数値演算能力が大幅に改善されました。また、個別に拡張機能をロードすることも可能になっており、共有オブジェクトをロードすることにより従来のAWKではできなかった機能を拡張することができます。最終回の今回はこれらのGNU AWKならではの拡張機能について説明していきます。

目次
※印刷用ページ表示機能はメンバーのみが利用可能です(登録無料)。
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 斉藤 博文(サイトウヒロフミ)

    最初にAWKと出会ってから○十年、AWKの魅力に取りつかれ、勢い余って「日本 GNU AWKユーザー会」を立ち上げています。会としてOSCなどのイベントにも出展しつつ、GNU AWKの開発も手伝っています。「USP友の会」では幹事役ですが、「シェル芸勉強会」にはほぼ毎回参加して一緒に勉強しています。...

バックナンバー

連載:シェルスクリプトマガジン コラボレーション連載/「シェル芸」に効く GNU AWK処方箋
All contents copyright © 2005-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5