Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

グレープシティ、HTML5ビューワ機能などを追加した帳票開発ツール「ActiveReports for .NET 9.0J」を発売

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015/02/18 16:43

 グレープシティは、帳票開発ツール「ActiveReports for .NET」の最新版として、「ActiveReports for .NET 9.0J」を2月25日に発売する。1開発ライセンス価格は、「Professional」が30万2400円、機能を絞った「Standard」が17万2800円。

 「ActiveReports for .NET」は、Visual Studio上で帳票アプリケーションを作成できる、.NET Frameworkコンポーネント。レイアウトや書式などの外観デザイン設定から、データ接続、印刷、PDF出力設定まで、帳票開発に必要な、さまざまな機能を備えている。

 「ActiveReports for .NET 9.0J」では、新機能として、複数レイヤーを使用したレポートのデザイン機能や、RDL 2005に準拠した「RDLレポート」の作成機能、レイアウト精度を向上したExcel出力機能を搭載する。

 さらに、「Professional」限定の新機能として、従来のWindowsフォーム、ASP.NET、WPF専用のビューワに加えて、jQueryウィジェットとして動作するHTML5ビューワを追加した。HTML5ビューワは、Internet Explorerだけでなく、ChromeやSafari for iOSでの閲覧をサポートし、「ActiveReports」単体でのマルチプラットフォーム、マルチブラウザ、マルチデバイス対応の帳票開発を可能にしている。

 このほか、「Professional」では「ActiveReports」で作成した帳票の運用・管理に特化した「ActiveReports 9.0J Server」の、Service Pack 1での提供を予定しており、別途コーディングやプログラミングなしでの帳票運用環境を構築できる。また、ユーザーはWebブラウザから、帳票の表示・印刷、他のファイル形式での保存、スケジューリング実行といった機能を手軽に使える。


【関連リンク】
グレープシティ
「ActiveReports for .NET 9.0J」

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5