CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

【デブサミ2015】19-D-1 レポート
日本マイクロソフト 最新技術責任者が語る、秘蔵の最新研究成果とこれからの技術トレンド

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015/04/01 14:00

 現在、マイクロソフトはこれまでにない大きな変化を次々と見せてきている。「モバイルファースト、クラウドファースト」 を中心に、IoT 向け、モバイル向けのWindowsの無償化、Office for iOS/Androidのリリース、.NETテクノロジーのオープンソース化などだ。マイクロソフト在籍26年の加治佐俊一氏の本セッションでは、マイクロソフトの研究開発部門の最新の研究成果が披露され、その技術トレンドと目指す方向性を通じ、どういったものを生み出そうとしているのか、どのような潮流を作ろうとしているのかが示された。

目次
マイクロソフトディベロップメント株式会社 代表取締役社長
日本マイクロソフト株式会社 業務執行役員 最高技術責任者 加治佐 俊一氏
マイクロソフトディベロップメント株式会社 代表取締役社長 日本マイクロソフト株式会社 業務執行役員 最高技術責任者 加治佐 俊一氏

モバイルファースト、クラウドファーストをアジャイル開発で加速

 2014年2月、サティア・ナデラがマイクロソフトのCEOに就任し、「モバイルファースト、クラウドファースト」を中心に、次々と新たな動きを見せている。

 マイクロソフトの研究開発部門の中で、OSやアプリケーション、ソリューション、クラウド、デバイスなどの製品やサービスの開発に関わる部門は5つに分かれ、全世界で約3万人が在籍している。加えて3年以上先に製品になるかもしれないような、基礎研究を行っている部門が2つある。ヒューマンインターフェースからビッグデータまで、非常に幅広い研究をしており、その成果がどんどん製品の中に反映されている状況だ。

開発モデルと方向性
開発モデルと方向性

 マイクロソフトにおける製品、サービスの開発手法は、ここ数年で劇的に変わった。Windows 8までの開発はOfficeも含め、3年ごとにリリースしていた。それが今、すべてアジャイル開発に移行している。

 現在Windows 10がTech Previewという形で出ているが、ほぼ毎月アップデートされている。ユーザーがどう使っているかなどのデータを製品開発に生かしながら、この作業は正式リリースまで続けられる。

 パートナーシップということでは、従来では手を組まなかったところとも、マイクロソフトのクラウドをベースにしながらパートナーシップを築いている。

 オープンソースとの連携は、マルチプラットフォームにも関連するが、それ以上にデバイス、クラウドの世界で連携を深めている。マイクロソフト オープンテクノロジーズという別会社を作り、オープンソースと連携する場合に起こりうる知的財産権に関わる問題を、クリアしながら進めているところだ。

 またクラウドサービスを信頼できるものにするためには、サイバーセキュリティ、データプライバシー、コンプライアンス、透明性がキーワードとなる。

 その中でデータプライバシーに関しては、設計時からプライバシーを重視し、広告目的ではなく、より良いサービスを提供するためだけにユーザーの情報を利用する。また業界標準と組織のコンプライアンスに対してのコミットメントも重視している。

 クラウドの使い道としてこれから重要になっていくのは、あらゆるものがインターネットに繋がるIoTだ。2020年には300億台のデバイス、センサーが接続されるといわれているが、マイクロソフトは既存のIT資産から始めている。現在接続可能なものをクラウド上でセキュアに繋ぎ、データの解析などを串刺しで行えるようして価値を生む。それを一旦やりながら、順次繋げるものを増やしていく、という戦略だ。

 機械学習(ML)については、検索エンジンのBingやXboxのKinectなどで、性能、機能、ユーザー体験の向上のために活用されている。同時にその経験、技術をAzure MLというサービスとして外部に提供している。この分野は動きが激しく、数多くのスタートアップ、ベンチャーが生まれている状況だ。

 さらにマルチプラットフォームに関しては、Windowsだけでなく、iOS、Androidに対してもサポートを広げている。

 マイクロソフトが重要と考えている技術の中でキーになるのは、データがあるクラウドだ。現在、200以上のサービスがあり、毎年倍以上のペースでリソースを増やしている。その中で開発環境として非常に重要なのがAzureである。これもアジャイル開発で、すごい勢いで機能が追加されている。世界中で19のデータセンターが稼働しており、日本では震災への備えという意味もあり、東西に分かれて設置されている。

 続けて加治佐氏が紹介したのは、ナチュラル・ユーザー・インターフェース開発への取り組みだ。ゲーム機Xbox 360を身体の動きや音声で操作するKinectが、Windowsでも使えるようになった。本セッションではデモムービーが披露され、リアルタイムで指の動きを認識し、画面上に表示するHandposeや、室内に様々なバーチャルアイテムを映し、人間の動きを検知して立体モグラ叩きなどを可能にするRoomAliveが紹介された。

 それらの先にあるものとして今年1月に発表されたのが、Microsoft HoloLensになる。メガネ型のデバイスで、視界に3D映像を重ねて表示するというものだ。振動センサーがついていて、ユーザーの動きに応じて色々なことが出来る。まだ詳細は公開されていないが、Windows 10ベースのホログラム技術により、HoloLens単独で機能するので、操作にスマホやコントローラーなどのデバイスが不要となる。

 またIoTという視点でも人気のシングルボードコンピュータRaspberry Pi 2に、Windows 10が無償提供されることも紹介された。


  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

修正履歴

  • 2015/04/02 14:33 ナデラCEOのカタカナ表記を修正しました。

あなたにオススメ

著者プロフィール

  • CodeZine編集部(コードジンヘンシュウブ)

    CodeZineは、株式会社翔泳社が運営するソフトウェア開発者向けのWebメディアです。「デベロッパーの成長と課題解決に貢献するメディア」をコンセプトに、現場で役立つ最新情報を日々お届けします。

バックナンバー

連載:【デブサミ2015】セッションレポート

もっと読む

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5