CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

暗号化通信を行うAjaxライブラリ、「aSSL Beta 3」がリリース

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2007/01/12 13:21

HTTPSを使わずに暗号化通信を行うAjaxライブラリ、「aSSL Beta 3」がリリースされた。

 以前お伝えした、HTTPSを使わずに暗号化通信を行うAjaxライブラリの新バージョン、「aSSL Beta 3」が8日リリースされた。aSSLのWebサイトから無償でダウンロードできる。「aSSL」は「Ajax Secure Service Layer」の略。

 aSSLはRSAアルゴリズムを使用し、サーバとクライアントで128ビットのランダムな秘密キーを使って接続する。一旦接続が確立されると、AESアルゴリズムを使用してデータを送受信するようになる。前のバージョンでは、暗号化にRC4暗号化アルゴリズムを使用していたが、Beta 3からは安定化のためにRSAアルゴリズムに変更したようだ。

 以前は不具合のためにソースをダウンロードできなかったが、今は正常にダウンロードできるようになっている。今後はできる限り早く、主要なウェブ言語(PHP、Java、Perl、Python、TKLなど)に移植して予定だという。

aSSL - Ajax Secure Service Layer
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5