SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

ComponentZine(ComponentOne)(PR)

SSRSレポートを表示する.NETアプリケーションの作成

ComponentOne Studioを活用したWindowsフォームアプリケーションの作成

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「ComponentOne Studio」に含まれるC1PrintPreviewコントロールとC1SSRSDocumentSourceを使って、SQL Server 2008に搭載されているレポートシステム(SSRS:SQL Server Reporting Services)を使ったレポートを扱うアプリケーションを作成してみます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

はじめに

 SQL Server 2008に搭載されているレポートシステム(SSRS:SQL Server Reporting Services)は、Microsoft AccessのようにSQL Serverのデータベースをレポート化する機能です。SSRSで作成したレポートは、ReportServerによってWebページなどで閲覧できます。

 C1PrintPreviewコントロールとC1SSRSDocumentSourceを使うと、このSSRSレポートを独自のアプリケーション内で表示・印刷したり、PDF形式で保存したりできるようになります。

 そこで今回はこれらのコントロールを使用して、SSRSレポートを表示するアプリケーションを作成してみました。

SQL Server Business Intelligence Development Studioで作成したレポートを、
SQL Server Business Intelligence Development Studioで作成したレポートを、
独自のアプリケーションにC1PrintPreviewコントロールコンポーネントを組み込んで表示
独自のアプリケーションにC1PrintDocumentコンポーネントを組み込んで表示
レポートは印刷はもちろん、PDF形式で保存することもできる
レポートは印刷はもちろん、PDF形式で保存することもできる

対象読者

 Visual Basic 2010/2012/2013、またはVisual C# 2010/2012/2013を使ってプログラムを作ったことがある人。

必要な環境

 Visual Basic 2010/2012/2013、Visual C# 2010/2012/2013、Visual Studio 2010/2012/2013でプログラムが作れる環境。

 なお、本プログラムは次の環境で開発・動作確認を行っています。

  • OS:Windows 7
  • 開発Tool:Visual Studio 2010、.NET Framework 4、SQL Server 2008 Express R2 Service Pack 1

プログラム実行時の注意事項

 本稿の実行ファイル(バイナリファイル)を動かすには、zipファイルに同梱してある以下のファイルが必要になります。.NET Framework 4でのみご使用いただけます。

ファイル名 説明
C1.C1Report.4.dll 本体アセンブリ
C1.C1Zip.4.dll 本体アセンブリ
C1.Win.4.dll 本体アセンブリ
C1.Win.C1Document.4.dll 本体アセンブリ
C1.Win.C1Report.4.dll 本体アセンブリ
C1.Win.C1Ssrs.4.dll 本体アセンブリ

 これらのファイルを、実行プログラムと同じフォルダに格納します。

コントロールのインストール

 トライアル版は、グレープシティのWebページから申し込みできます。

 トライアル申込フォームが表示されますので、必要情報を入力して申し込むとトライアル版のダウンロード手順を記載したE-Mailが送られてきます。その手順にそってダウンロードを行ってください。また、ダウンロードファイルは圧縮ファイルになっていますので、解凍してインストーラを起動します。

 制限事項などの詳細については、インストーラに同梱されているリリースノートを参照ください。

コントロールと参照の追加

 ComponentOne Studioをインストールしたら、プロジェクトにコントロールを追加します。

 ツールボックスに専用のタブを作成し、使用するコンポーネントを追加します。追加するコントロールは、アセンブリ名が「C1.Win.C1Report.4」の「C1PrintPreview」コントロールと、アセンブリ名が「C1.Win.C1Document.4」の「C1SSRSDocumentSource」コンポーネントです。

アセンブリ名が「C1.Win.C1Report.4」の「C1PrintPreview」コントロールと
アセンブリ名が「C1.Win.C1Report.4」の「C1PrintPreview」コントロールと@@
アセンブリ名が「C1.Win.C1Document.4」の「C1SSRSDocumentSource」コンポーネントを追加する
アセンブリ名が「C1.Win.C1Document.4」の「C1SSRSDocumentSource」コンポーネントを追加する@@

 このコントロールを追加すると、プロジェクトに以下のランタイムライブラリへの参照が追加されます。

ファイル 内容
C1.C1Report.4 本体アセンブリ
C1.Win.4 本体アセンブリ
C1.Win.C1Document.4 本体アセンブリ
C1.Win.C1Report.4 本体アセンブリ
C1.Win.C1Ssrs.4 本体アセンブリ
C1.Win.C1Zip.4 本体アセンブリ

次のページ
C1PrintPreviewコントロールの概要

この記事は参考になりましたか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ComponentZine(ComponentOne)連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

瀬戸 遥(セト ハルカ)

8ビットコンピュータの時代からBASICを使い、C言語を独習で学びWindows 3.1のフリーソフトを作成、NiftyServeのフォーラムなどで配布。Excel VBAとVisual Basic関連の解説書を中心に現在まで40冊以上の書籍を出版。近著に、「ExcelユーザーのためのAccess再...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事は参考になりましたか?

この記事をシェア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
CodeZine(コードジン)
https://codezine.jp/article/detail/8646 2015/11/10 15:30

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング