Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

SSRSレポートを表示する.NETアプリケーションの作成

ComponentOne Studioを活用したWindowsフォームアプリケーションの作成

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015/05/01 17:00
目次

C1PrintPreviewコントロールの概要

 ComponentOne Studioには、C1PrintPreviewコントロールを含む、6つの視覚的なドキュメント表示コンポーネントが組み込まれており、Windowsアプリケーションからドキュメントをプレビュー、印刷、およびエクスポートする機能を備えています。

  • C1PrintPreviewControl
  • C1PreviewPane
  • C1PreviewThumbnailView
  • C1PreviewOutlineView
  • C1PreviewTextSearchPanel
  • C1PrintPreviewDialog

 その中の1つ、C1PrintPreviewコントロールは統合された印刷プレビューコントロールです。

 プレビューペイン、操作に関連する標準プレビューを備えるツールバー、サムネイルとアウトラインページを含むナビゲーションパネル、および拡張/縮小が可能なテキスト検索パネルが含まれています。

 印刷プレビューに必要な機能はすべて組み込まれており、プレビューしたいドキュメントを設定するだけで、アプリケーションに印刷プレビュー機能を組み込むことができます。

C1PrintPreviewコントロールの構成
C1PrintPreviewコントロールの構成

C1SSRSDocumentSourceコントロールの概要

 C1SSRSDocumentSourceコントロールは、ページ区切り付きSSRSレポートを生成し、C1PrintPreviewコントロールにロードして、Adobe PDF、Microsoft Word、Excelなどのさまざまな形式で表示およびエクスポートできます。

 コントロールは以下のメソッドとプロパティを持っています。メソッドでは、同期と非同期の2つのバージョンがあります。

メソッド 説明
Open、OpenAsync レポートを開きます。レポートの生成中を除き、このメソッドは、いつでも呼び出すことができます。
Generate、GenerateAsync レポートを生成します。このメソッドを呼び出すことができるのは、StateがOpened、Generated、またはGeneratedWithErrorsのいずれかの場合です。
ApplyParameterValues、ApplyParameterValuesAsync Parametersで指定されているパラメータ値を現在の値として適用します。
CheckParameterValues、CheckParameterValuesAsync 現在のパラメータ値を検証し、値が有効な場合は、有効な値のリストを更新します。
GetPage、GetPageAsync 指定されたインデックスを持つページを取得します。
Export、ExportAsync サポートされる外部形式の一つ(PDF など)にレポートをエクスポートします。
Clear 生成されたレポートをクリアします。
プロパティ 説明
DocumentLocation SSRSレポートの場所を取得または設定します。これには、サーバーのアドレス(http://ssrs.abc.com/ReportServer など)とレポートのパス(/Adventure Works/Salesなど)が含まれます。
State ドキュメントソースの現在の状態を表す値を取得します。状態が変わるのは、ドキュメントソースを開くとき、レポートが何かを生成するときなどです。取り得る状態のリストについては、「C1DocumentSourceState 列挙」を参照してください。
PageCount すでに生成されているページ数を取得します。
HasParameters 何らかのパラメータが指定されているかどうかを示す値を取得します。
Parameters コンテンツの生成に使用されるパラメータのコレクションを取得します。このコレクションは、Open()メソッドで初期化されます。実際にレポートのパラメータとして使用するには、このコレクションで指定されている値に対して、ApplyParameterValues() メソッドを呼び出す必要があります。
PageLayout ページ区切り付きドキュメントを生成する際に使用するページレイアウトを指定するPageLayoutオブジェクトを取得または設定します。SSRSレポートでは、PageHeader、PageFooter、Watermarkの各PageLayoutプロパティは無視されます。
ConnectionOptions SSRSに接続するときに使用されるオプションを含むConnectionOptionsオブジェクトを取得します。
Credential SSRS接続で使用される資格情報を定義するNetworkCredentialオブジェクトを取得または設定します。これは、ConnectionOptions.Credentialのショートカットです。
Dirty 現在のコンテンツがダーティで、DocumentLocation、Paginatedなどの現在の値に対応しないかどうかを示す値を取得します。
AsyncMethodsUseAwaitPattern 現在のドキュメントソースの非同期メソッドを呼び出す際に、呼び出し元コードがasync/awaitパターンを使用することを前提とするかどうかを示す値を取得または設定します。このプロパティがtrueの場合、*Completedイベント(OpenCompleted、GenerateCompleted など)は発生しません。
IsCurrentActionCancellable 現在のアクションをキャンセルできるかどうかを示す値を取得します。

  • ブックマーク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 瀬戸 遥(セト ハルカ)

    8ビットコンピュータの時代からBASICを使い、C言語を独習で学びWindows 3.1のフリーソフトを作成、NiftyServeのフォーラムなどで配布。Excel VBAとVisual Basic関連の解説書を中心に現在まで40冊以上の書籍を出版。近著に、「ExcelユーザーのためのAccess再...

バックナンバー

連載:ComponentZine(ComponentOne Studio)

もっと読む

All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5