Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

JavaScriptプラットフォームの最新版「io.js 3.0.0」がリリース

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015/08/05 16:25

 io.jsプロジェクトチームは、GoogleのV8ランタイム上で動作するJavaScriptプラットフォームの最新版「io.js 3.0.0」を、8月4日(現地時間)にリリースした。

 io.jsは、迅速かつ規則的なリリースを可能にするJavaScriptプラットフォームで、「オープンガバナンスモデル」に基づいて開発されている。

 最新の「io.js 3.0.0」では、V8の変更にともない、Uint8Arrayの先頭にBufferが必要になった。ArrayBufferはコンストラクタとして利用可能なほか、単一のバッファがBuffer.concat()に渡された場合は、新規あるいはBufferオブジェクトが返され、以前のバッファはオリジナルのBufferオブジェクトに返される。

 このほか、pLinux BE/LEでのコンパイルにおいてPPCのサポートが追加されるとともに、socket.send()内でのエラーによるコールバックは最初の引数のみに渡され、socketオブジェクトには影響しない。また、httpのステータスコードにはRFC7231で策定されているIANAに登録された名称が使われたほか、node、repl、smalloc、tlsにも変更が加えられている。

 なお、V8は4.4.63.26にアップデートされており、ES6との互換性を向上するとともに、SetIndexedPropertiesToExternalArrayDataが廃止され、Uint8Arrayをベースにした実装のBuffreに移行した。また、PPCのサポートなどが追加されている。


【関連リンク】
io.js

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5