Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

データ・アプリケーション、Amazon RDSに対応した統合EDI製品「ACMSシリーズ」最新版を発売

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017/02/01 13:10

 データ・アプリケーションは、企業データをシームレスに連携するB2Bインテグレーション・サーバ「ACMS E2X」と、企業間電子商取引に対応するB2Bサーバ「ACMS B2B」の最新版であるバージョン4.6を、1月31日に発売した。税別価格は、「ACMS E2X」が1500000円から、「ACMS B2B」が500000円から。

 「ACMS E2X」「ACMS B2B」の最新版は、2020年度後半を目途とした公衆電話回線網のIP網への順次移行にともなって発生する、従来型EDIを利用する企業のインターネットEDIへの移行の必要性、および昨今のEDIシステム構築環境へのクラウド採用の増加を受けて、Amazon RDSに対応した。

 Amazon RDSなら、クラウド上に短期間でEDI環境の構築が可能なので、従来型EDIからインターネットEDIへのスムーズな移行を実現する。また、全銀TCP/IP手順をSSL/TLSプロトコルで暗号化し、セキュアなデータ交換を可能にする通信プロトコルを用意しているので、既存のアプリケーションを改修せずにインターネットEDIへ移行できる。

 このほか、Amazon Aurora、SQL Server 2014 SP2、SQL Server 2016、PostgreSQL 9.6、およびMicrosoft JDBC Driver 6.0 for SQL ServerとTomcat 8.5を新たにサポートするほか、電子署名がSHA-2に対応した。


【関連リンク】
データ・アプリケーション
「ACMS E2X」
「ACMS B2B」

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5