CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

著者情報

  • 瀬戸 遥(セト ハルカ)

    8ビットコンピュータの時代からBASICを使い、C言語を独習で学びWindows 3.1のフリーソフトを作成、NiftyServeのフォーラムなどで配布。Excel VBAとVisual Basic関連の解説書を中心に現在まで40冊以上の書籍を出版。近著に、「ExcelユーザーのためのAccess再入門」(翔泳社)、など。

執筆記事

  • title.gif
    2007/07/30

    2つのスプレッドシート間でデータをドラッグ&ドロップできる.NETアプリ

     1つのプログラム内に2種類のスプレッドシートを配置して、データをドラッグ&ドロップでコピーするような使い方ができると、ぐっとスプレッドシートの用途の幅も広がるのではと考え、SPREAD for.NET 2.5J Windows Forms EditionのfpSpreadコンポーネントで、ドラッグ&ドロップによるデータの移動が可能なアプリケーションを作成してみました。

  • 1385_t.gif
    2007/05/31

    Accessのデータを一覧表示するアプリケーションの作成

     AccessやSQL Server、Oracleなどのデータベースに格納してあるデータをクエリで取り出し、一覧表を表示するアプリケーションを作りたい場合があります。SPREAD for .NET 2.5J Windows Forms Editionのコンポーネントを使うと、列の並び替えやフィルタ機能がプロパティの操作だけで簡単に実現することができます。

  • 1325_t.gif
    2007/05/16

    .NETアプリケーションのセルにボタン・スライダーを使って値を入力する

     SPREAD for .NET 2.5J Windows Forms Editionコンポーネントでは、セルの形状をボタンなどのコントロールに変えて、ユーザーの操作を楽にする機能が組み込まれています。そこで、セルの形状をボタンとスライダー、プログレスバーに変えて、隣のセルにデータを入力する機能を使ってみました。

  • 1251_t.gif
    2007/05/11

    VBAでデータベースからの作表・印刷処理を自動化する 2

    Excel VBAで「ページ設定」と「印刷」の2つの操作を組み合わせて、データベースから取得したデータの作表・印刷処理を自動化し、ページ内に収めるテクニックをご紹介します。

  • 1250_t.gif
    2007/05/08

    VBAでデータベースからの作表・印刷処理を自動化する 1

    データベースからデータをワークシートに落としたとき、1ページに収まるのかどうか、何ページになるのか気になりますよね。また、落とし込んだデータを何とかページ内に収めるような操作を自動化できたら便利です。そこで、Excel VBAで「ページ設定」と「印刷」の2つの操作を組み合わせて、データベースから取得したデータの作表・印刷処理を自動化するテクニックを紹介します。

  • 2007/04/27

    Visual Studioのツールボックス風ツールバーを実装する

    Visual Studioのツールボックスは、コンポーネントのアイコンをカテゴリごとにわけて折りたたんだり展開したりすることができる便利な機能です。このようなツールボックス風ツールバーをアプリケーションに組み込む方法を紹介します。

  • 1223_t.gif
    2007/04/18

    データをグループ化する機能を持った表計算ソフトを作る

     SPREAD for .NET 2.5J Windows Forms Editionコンポーネントのセルマージ機能を使うと、Excelのような「セル」を同じ情報でグループ化する機能を手軽に作ることができます。しかもこのグループ化機能は、ボタン1つで動作させることが可能です。

199件中169~175件を表示



All contents copyright © 2005-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5