CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

著者情報

  • Patrick Steele(Patrick Steele)

    ミシガン南東部で独立コンサルタントとして活動。ASP.NET、WinForms、COM+、COM相互運用機能など.NETの広範な経験を持つ。ミシガン五大湖地域の.NETユーザーグループ(GANG - http://www.migang.org)の主事でもあり、過去5年にわたりMicrosoft社の.NET MVPを受賞。連絡したい場合は、ブログhttp://weblogs.asp.net/psteeleから、またはpatrick@mvps.orgまで。

執筆記事

  • 438_t.gif
    2006/06/24

    COM相互運用機能の利用 - パート2

    本稿は、『COM相互運用機能の利用』の続編です。今回は、.NETイベントをCOMクライアントに公開する方法について説明します。COM/.NETのイベント統合を適切に行うには、いくつかの属性を適用する必要があります。

  • 429_t.gif
    2006/06/22

    COM相互運用機能の利用

    Microsoft社は.NETの最初のバージョンを開発する際に、旧来のテクノロジとの連携を考え、.NETランタイムに「COM相互運用機能」を追加しました。本稿は、COMコンポーネント開発やインターフェイスの概念に精通しているVB6/C#プログラマを対象に、COMとスムーズにやり取りできる.NETコンポーネントの設計方法を示します。

2件中1~2件を表示
戻る


All contents copyright © 2005-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5