Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

著者情報

  • 石立 喬(イシダテ タカシ)

    1955年東京工大卒。同年、NECへ入社し、NEC初のコンピュータの開発に参画。磁気メモリ、半導体メモリの開発、LSI設計などを経て、1989年帝京大学理工学部教授。情報、通信、電子関係の教育を担当。2002年定年により退職し現在に至る。2000年より、Webサイト「Visual C++の勉強部屋」を公開。情報処理技術者一種、特種、工学博士。

執筆記事

  • 116_t.jpg
    2005/07/12

    隠線処理を用いた三次元グラフの作成

    三次元グラフは、z=f(x,y)で与えられる関数を分かりやすく表示できるので、多くの科学的論文や資料で使用されます。本稿では、自分でも作れるように、三次元グラフの仕組みと実装例を紹介します。

  • 98_t.jpg
    2005/06/22

    パターン認識の前処理に必要な二値画像の細線化

    細線化とは、二値画像を幅1ピクセルの線画像に変換する処理のことで、画像処理の中では比較的利用頻度の高いものです。特に、文字認識やパターン認識の前処理として多く使われます。

  • 86_t.jpg
    2005/06/01

    テンプレートマッチング法を用いた顔画像の検出

    画像処理の応用の一つに、車や人物といった物体の検出があります。画像の中から、上記のような特定のパターンを探し出すには、「テンプレートマッチング法」が良く用いられます。ここでは、テンプレートマッチングの最も簡単な方法を紹介します。

  • 73_t.jpg
    2005/05/09

    再帰プログラムによるフラクタル図形の描画

    「フラクタル図形」とは、その図形を拡大して行くと、再び最初の図形と同じものが現れる、特殊な図形です。フラクタル画像の描画プログラミングを実装しながら、再帰処理のテクニックを学びます。

18件中15~18件を表示



All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5