SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

「リレーションシップ駆動要件分析による実践的な要件定義手法」一覧

  • レビューを軸に駆動する

     この連載では「要件定義は洗練化を繰り返して進めていく」と何度か説明してきました。しかし「どうやって管理するの??」と頭に「?」マークが浮かんだ...

    5989_arena.png
    0
  • 要件の精度を向上させる

     要件をつなげて定義しただけでは要件の精度を向上させることはできません。登録した情報を様々な視点で確認することで整合性や網羅性を向上させることが...

    logo_article.png
    0
  • 要件定義支援ツール「要件のツボ」によるRDRAの実践

     普段UMLを使っていない方に、UMLを使った要件定義の話をしてもなかなか受け入れられません。重要なことは要件の定義であり、UMLの表記法やツー...

    5848_arena.png
    0
  • 要件定義工程の進め方

     ドキュメントを一つ一つ完成させて進捗を管理する方式が成果物ベースの管理方式です。進捗の判断が明確で管理が容易な反面、成果物の完成イコール要件の...

    logo_article.png
    0
  • 構造に沿って要件をUMLで具体的に定義する

     前回は要件定義には構造があり、その構造を使うことで要件をスムーズに定義できることを紹介しました。今回はその構造に沿った具体的な定義の方法をご紹...

    logo_article.png
    0
  • 「要件定義」の4つの構造と依存関係に着目した実践手法

     『要件定義の勘どころ』の記事を書いた後、私のもとには「より具体的な話を聞きたい」「実際のプロジェクトで起こる問題にどのように応用するのか」とい...

    logo_article.png
    0

6件中1~6件を表示

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

CodeZine編集部では、現場で活躍するデベロッパーをスターにするためのカンファレンス「Developers Summit」や、エンジニアの生きざまをブーストするためのイベント「Developers Boost」など、さまざまなカンファレンスを企画・運営しています。

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング