Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

「【デブサミ2018 関西】セッションレポート」連載一覧

1~4件(全4件)
  • 2018/10/24

    Kubernetesは銀の弾丸ではない――エンジニアが生き残るために必要な技術とは【デブサミ2018 関西】

     今後、アプリケーションの開発企業および開発者は二極化していく。価値あるエンジニアとして生き残るためには、学び続ける姿勢が大切だ。技術者にとって最も重要なのは、「このシステムにはKubernetesが合う」「このシステムはKubernetesでなくてもいい」といった技術の見極め、つまり適材適所に技術を選択する力だ。ではどうやってそれらを選択していけばいいのか。また、マイクロサービス化に取り組む上で考えるべきことは何か。さらにKubernetes導入におけるつまずきがちなポイントについて、日本マイ...

  • 2018/10/23

    Yahoo!カレンダーがPHPからKotlinに技術移行し品質アップ! 成功の鍵とは?【デブサミ2018 関西】

     2000年にサービス提供を開始して以来、毎年成長を続けているYahoo!カレンダー。サービスや組織の成長に伴い、出てきた課題を解決するため、PHP製のサーバーサイドシステムを改修してきた。その結果、アプリケーションが細かく分割されすぎることで、修正コストが増加。サービス追加などへの対応も時間がかかるようになってしまった。そこでPHPからKotlinに技術移行を決断。Kotlinに移行したことで、品質や生産性も高まったという。この技術移行の概要についてヤフー IDサービス統括本部 PIM本部 サ...

  • 2018/10/19

    アプリ開発には「おもてなし」が必要だ! ゲーミフィケーションに学ぶ、面白さの伝え方【デブサミ2018 関西】

     スマートフォンの普及に伴い、多くの企業がアプリを活用したITビジネスの立ち上げに挑戦している。しかし、ユーザーから使い続けてもらえるアプリはほんのわずか。ほとんどはすぐに飽きられ、いつの間にか忘却の彼方に消えてしまう。では、人気の出るアプリとそうでないアプリは何が違うのか。その解が「ゲーミフィケーションとおもてなし」にあると考えるのが、株式会社ナノコネクトだ。本セッションでは、ゲーム理論を活用する同社のノウハウをベースとし、面白いアプリやサービスを作るコツについてゲーミフィケーションエバンジェ...

  • 2018/10/17

    高エンゲージメントの組織をどう作る? Sansanが大阪拠点を活性化できた理由【デブサミ2018 関西】

     クラウド名刺管理サービス「Sansan」や名刺アプリ「Eight」を開発・提供するSansan株式会社。同社は2017年1月に大阪の開発拠点を立ち上げた。立ち上げ時は東京~大阪間でのリモートアジャイル開発を実践。2017年12月には大阪のみの単独チーム化を行うまでに成長した。注目すべきは、大阪開発拠点のエンジニアのエンゲージメント(組織愛着)の高さだ。組織改善プラットフォーム「wevox」の測定結果によると、その数値は全企業の中で上位5%に入るほどだという。驚異的な結果である。本セッションでは...

1~4件(全4件)
All contents copyright © 2005-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5