CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

Wi-FI拡張も簡単! Rubyが使えるGR-CITRUSで電子工作を始めよう

IoT Starter Studio 第17回

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

試してみる

 実際にGR-CITRUSを動かしてみましょう。今回はmrubyと、Chromeウェブストアからダウンロードできる開発環境Rubicを使ってLチカを試してみます。

 以下の手順で紹介します。

  1. Rubicをインストールする。
  2. GR-CITRUSを接続する。
  3. プログラムを書く。

用意するもの

  • GR-CITRUS
  • Micro USBケーブル

筆者の環境

  • MacBook Pro(Retina 13-inch、Early 2015)
  • OS X El Capitan(v10.11.6)
  • Rubic バージョン0.9.3

Rubicをインストールする

 Chromeでブラウザを立ち上げChromeウェブストアを開きます。Chromeをインストールしていない方は公式サイトからダウンロードして進めてください。

 Chromeウェブストアの検索欄から「Rubic」を探し、「+CHROMEに追加」をクリックしてインストールします。

 ツールバーのアプリからChromeアプリ一覧に行くと、Rubicが追加されているので選びます。

 Rubicを起動させておきます。


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー

連載:IoT Starter Studio

もっと読む

著者プロフィール

  • ちゃんとく(dotstudio株式会社)(チャントク)

     大学までは文系で法学を学んでいたが「モノを作れる人」に憧れて知識ゼロからエンジニアに転身。本業ではPHPでWebサーバサイド開発を担う傍ら、テクニカルライターとしてdotstudioに参加している。  Node.jsユーザグループ内の女性コミュニティ「Node Girls」を主催。趣味の電子工作...

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5