CodeZine(コードジン)

特集ページ一覧

AWSサーバレスアーキテクチャでSPAを実装する(1)~SSLを経由してブラウザからLambda APIへアクセスするまでの下準備

サーバレスアーキテクチャによるアプリケーション開発実践入門 第2回

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017/10/11 14:00
目次

S3+CloudFrontとの連携[1]

 CloudFrontはAWSのCDN(コンテンツデリバリネットワーク)サービスです。

 オリジンサーバー(Amazon S3バケットや、EC2インスタンスで実行されているHTTPサーバーなど)に保存されたコンテンツを、エッジロケーションと呼ばれるデータセンターから配信、キャッシュすることで高速にコンテンツの配信を行うことが可能となっています。

オリジンサーバとなるS3バケットの作成

 まず、配信するコンテンツを保持するS3バケットを作成します。

 AWSマネジメントコンソールから、[S3]をクリックします。

 S3の画面で、[バケットを作成する]をクリックします。

[1]名前とリージョン

 [バケット名]の入力と[リージョン]の選択を行います。

 バケット名はDNSに準拠している必要があり、全リージョンを通してユニークである必要があります。S3のみでWebサイトを構築する際には、ドメイン名を入力する必要がありますが、今回はCloudFrontと組み合わせるため、特に命名の制約はありません。従って、今回入力するバケット名は、任意の名前で構いません。

 リージョンの選択はCloudFrontを経由するため、地理的な影響はそれほど大きくありません。データの管理ポリシーやストレージコストに基づき選択してください。

 入力が完了したら、[次へ]をクリックします。

[2]プロパティの設定

 デフォルトの設定のまま、[次へ]をクリックします。

[3]アクセス許可の設定

 デフォルトの設定のまま、[次へ]をクリックします。

[4]確認

 入力した項目を確認し、間違いがなければ[バケットを作成]をクリックします。


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バックナンバー

連載:サーバレスアーキテクチャによるアプリケーション開発実践入門

著者プロフィール

  • 三宅 暁(ミヤケ アキラ)

    株式会社ウェルビー 開発部   フロントエンドを中心に、クラウドを用いた Web サービスのアーキテクチャ設計から継続的な開発の仕組み作りや実装まで行うプログラマ。 「目的を達成するためにより良い方法を」を念頭に、新しい考え方や技術を積極的...

  • 瀬筒 貴仁(セヅツ タカヒト)

     株式会社インキュビット R&D 統括マネージャー / みらい合同会社 代表社員  バージョン 1.0 から Ruby on Rails エンジニアとして活動する他、HTML/CSS/JavaScriptエンジニア、Webアプリケーション開発のUI/UX担当なども手がけています。現在はWE...

あなたにオススメ

All contents copyright © 2005-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5