Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

TreeView for WinFormsで高機能なツリービューを実現

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017/09/05 14:00

 ツリー状に項目を表示できるツリービューは、階層構造を持った項目を表示する際に便利です。下位のメニューを折りたたむことができる構造なので、項目数が多い場合などに整理して表示することができます。Windows Formsには標準でTreeViewという、ツリー表示に対応したコントロールがありますが、今回は標準のTreeViewにはない機能を備えた、ComponentOne StudioのTreeView for WinFormsについて紹介します。

目次

今回紹介するコンポーネント

 ComponentOne StudioはWFP、Windows Forms、UWPといったさまざまなアプリケーションに便利な機能を追加できるコンポーネント集です。今回紹介するのは、Windows Formsアプリケーションにツリービュー機能を追加できるコンポーネントがTreeView for WinFormsです。

 2017年5月にリリースされた「ComponentOne Studio 2017J v1」では、TreeView for WinFormsの新機能「カスタムノードの表示」が追加され、より便利になりました。

 2017年7月にリリースされた最新版「ComponentOne Studio 2017J v2」では、前回の記事で取り上げたGanttView for WinFormの新機能など、さらに便利な機能が拡充されています。

TreeView for WinForms

 TreeView for WinFormsは、Windows Formsアプリケーションに高い拡張性を持ったツリービューを追加することができるコンポーネントです。標準のコントロールにはない機能を多く備えています。

 新機能としてノードのカスタマイズが可能となりました。これにより、ツリービューの見た目を柔軟にカスタマイズすることができます。本記事でもノードのカスタマイズについて紹介します。

 機能の概要は以下の公式ページを参考にしてください。

 また本記事のサンプルを実行する際は、公式のドキュメントも参考にしてください。

対象読者

 Visual Studioを利用してアプリケーションを作成した経験がある、またはC#、Visual Basicなどの.NET系言語での開発経験がある方。

必要な環境

 TreeView for WinFormsを利用するには以下の環境が必要となります。

  • Visual Studio 2012/2013/2015/2017 日本語版
  • .NET Framework 4.5.2/4.6/4.6.1/4.6.2/4.7

 本記事はVisual Studio Enterprise 2017、.NET Framework 4.6環境で画像キャプチャーの取得、動作検証を行っています。


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 西村 誠(ニシムラ マコト)

     Microsoft MVP Windows Platform Development。  Flash、PHPの開発経験もあり国産ECサイト構築フレームワーク「EC-CUBE」の公式エバンジェリストでもある。  ブログ:眠るシーラカンスと水底のプログラマー  著書:基礎から学ぶ Windows...

バックナンバー

連載:ComponentZine(ComponentOne Studio)

もっと読む

All contents copyright © 2005-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5